踏切にあったひらがなの貼り紙(写真は、芥川快速@8002REさん提供)

写真拡大

大阪府高槻市内のJR東海道本線・安満第3踏切で、マナーの悪い一部の撮り鉄を戒めるような内容のひらがなで書かれた貼り紙があったと、ツイッター上で写真が投稿され、話題になっている。

この貼り紙は、JR西日本の車両所などの名前で出されたもの。同社の近畿統括本部は、「鉄道ファンをけなすものでない」と説明した。ただ、ネット上のイラストなどを無断で使ったため、すでに貼り紙を撤去したとしている。

「撮り鉄侮辱してる」との声も一部であったが...

「でんしゃがだいすきなおともだちへ」。貼り紙には、赤字でこんなタイトルが掲げられている。

貼り紙の写真は、鉄道ファンの「芥川快速(@8002RE)」さんが2021年3月4日にツイッターに投稿した。

タイトル以外は黒字で、すべてひらがなで印刷されている。踏切を通る電車について、「おもちゃのでんしゃじゃないんだよ」として、線路に入ったり、電車が走るのを邪魔したり、周りの道路や家の駐車場に勝手に入ったりして、電車を見たり撮ったりしてはダメだと訴えている。注釈として、「いみがわからないおともだちはおうちのひとによんでもらってね」と書かれていた。

最後に、電車などのイラストが付いており、JR西日本の車両所など2つの名前があった。

この投稿写真は、5日夕現在で1万件ほどもリツイートされており、様々な意見が寄せられている。

ひらがなの貼り紙だったが、「子供さんに向けての注意じゃないと思う」「どう見ても撮り鉄相手の文面」「これでも分からんのだろうけど」と、マナーの悪い一部の人たち向けだとして賛同する意見が寄せられた。一方で、ひらがなにして皮肉っていると解釈し、「撮り鉄侮辱してる」との声も一部であった。

「踏切は、小さな子供も通るので、小学校低学年でも分かるようにした」

また、貼り紙の文面や電車などのイラストについて、ネット上で同じものが見つかったとして、これらを使ったのではないかとの指摘もあった。

貼り紙があった安満第3踏切は、歩行者など向けの狭い踏切で、本線の自動踏切のほか、電車区の車両基地に向かう北側の線路の前には、手でバーを開ける手動踏切がある。鉄道ファンの間では、よく知られているようで、ブログなどで、電車がストレートに走ってくる姿がよく撮れるなどといくつか紹介されていた。

写真を投稿した「芥川快速」さんは3月5日、J-CASTニュースの取材に対し、貼り紙は自動踏切と手動踏切の間の数メートルの通路のフェンスに2枚貼ってあったのを4日に見つけたと明かした。

貼り紙で撮り鉄などにあてたとみられる内容については、こう指摘した。

「一部のマナー悪い鉄オタが線路の間やら鉄道会社の敷地はいって撮ってるのが炎上してるはたまに見ます。他人の家や駐車場入ったのもきっとあると思います」

踏切の北側でカメラ持っていると、踏切から離れていても電車区の職員から注意されて排除されたという。その理由については、「遮断棒からはみ出して撮ってる人が居たりするから撮影禁止にしたんだと思います」とした。

貼り紙について、JR西日本近畿統括本部の広報は5日、貼り紙でも名前が挙げられていたグループ会社の社員が貼ったことを取材に認めた。この社員が上司に相談して、JR西日本の車両所の担当者に持ち掛け、両社の合意の下で貼り紙を出したという。

ひらがなだけの貼り紙をなぜ出したのかの経緯については、次のように説明した。

「踏切は、小さな子供も通ったりします。ケガなどをしないよう安全確保のため、小学校低学年の児童などでも分かるよう、ひらがなにしました。大人も含めた広い世代に受け入れやすい表現にしたもので、決して鉄道ファンをけなしたりバカにしたりするものではありません」

貼り紙は、3月に入って、この踏切だけに出したそうだ。

ただ、そこにあったネット上のイラストなどは、著作権に抵触する恐れもあるため、5日午前中に貼り紙をすべて撤去したとしている。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)