先月27日、愛知県・西尾市の駐車場の防犯カメラが高級車窃盗の様子を捉えていた。

 画面奥の白い車から降りてきた男が向かった先は、トヨタの高級車「レクサス」。車の左側に回り込むと、バンパー付近で何やら不審な行動を取り始める。その後、車の鍵が開けられて男が車に乗り込むと、中で突然、激しい火花があがった。

【映像】窃盗の瞬間&切断されたハンドルロック(2:02〜)

 実は、車には盗難防止用として、ハンドルを固定する「ハンドルロック」が取り付けられていた。しかし、男はそれを何らかの道具を使って切断するという荒業に出たのだ。

 その後、車のエンジンをかけ、運転して去って行ったレクサス窃盗犯。現場では、ハンドルロックの一部が切断された状態で見つかった。「車は相棒で、車が一番僕は好きで本当に残念ですね。まさか、ハンドルロックを火花散らして切るとは予想もつかなかった。そこまでしてくるのかと…」と被害者の男性。

 愛知県警によると、県内で盗難被害にあった車のタイプを2019年と2020年で比べてみると、レクサスが盗まれる事件が急増している。

 警察は被害届を受理し、窃盗事件として捜査している。
(ABEMA/『ABEMAヒルズ』より)