見つめ合って楽しそうに笑うふたり(2018年7月)

写真拡大

 愛する人と一緒に笑っていたい──誰しもが持つその思いも、平和な内容で笑うからこそ。自らの出処進退であったり、恨み言を言いながら夫婦で笑い合う様は、寒気がするほどの異様さを帯びていた。

【写真】膝上約15cmのミニワンピ、ドリンクを飲みながら夫に体を寄せて立つ小林麻耶と國光吟氏。真横から撮影。他、麗禾ちゃんと手をつなぐ写真などアザーカットも

 それはあまりにも衝撃的な言葉の連続だった。

《あなたたちも殺人犯と同じです》
《とにかく自分たちのせいで麻央ちゃんが死んだことに関してどのようにお考えか》
《麻央ちゃんを死なせた人たち、麻耶ちゃんを苦しめている人たち。その人がのうのうと生きているのは許されるべきではありません》

 過激という表現でももの足りなく感じるほどの言葉を、小林麻央さん(享年34)の名前とともに放ち続けるのは、小林麻耶(41才)の夫で整体師の國光吟氏(37才)。11月10日、YouTubeの生配信で、ゆっくりと、画面越しの見えない第三者を糾弾する國光氏の語り口調は、さながら教祖だ。梨園関係者が語る。

「世間では、立川志らくさんへの批判動画や、夫婦が所属していた事務所社長を名指しで批判する動画が注目されているでしょうが、私たちの間ではこの動画の方が問題になっています」

 麻耶がレギュラー出演していた『グッとラック!』(TBS系)を11月12日で突然降板し、その背景をケラケラと笑いながらYouTubeで語った夫妻に、さまざまな視線が注がれている。麻耶はスタッフからいじめられていたと語り、テレビ局は全面否定。言い分は対立しているが、その日のうちに、所属事務所との契約終了が発表された。

 それよりも梨園の間で問題視されるのが、前述の“麻央さん動画”だ。

「麻耶ちゃんならともかく、関係性の薄い國光さんが麻央ちゃんの名前を使って自らの主張を通したことに閉口しました」(前出・梨園関係者)

 そういった批判が出ることを意識したのだろう。

《僕が麻央ちゃんの名前を出すことに文句を言う人もいるでしょう。大きなお世話です》

 こう予防線を張り、

《生きていれば妹だった人です》

 と、続けるのだ。別の梨園関係者は怒りで震えが収まらない。

「《コメントを書いていない方の中にも心でね『小林麻央死ね』とか思っていた人たちもいると思うんですよ》と、臆測の域を出ないのに、麻央ちゃんにあまりにもひどいことを……。聞いていて本当に悲しくなりました。本当に麻央ちゃんを思って出る言葉なら、このような表現には決してならないです!」

“生きていれば妹”を思うがあまりの発言なのだろう。そして、誹謗中傷を全否定する國光氏自らが、誹謗中傷を繰り返していることに気づかないほどに、怒り狂っているのだろう。

「いやいや、いたって冷静ですよ」

 とは、芸能関係者。

「こういった動画にたくさんの広告を付けているんです。いわゆる“炎上商法”で再生回数を増やして広告収益を得る狙いもあるのでしょう。海老蔵さんは、福岡で開催中の特別公演に集中するため、無言を貫いているけど、麻央さんの名前を出して金稼ぎをしたことには穏やかではない気持ちでいることと思います」

※女性セブン2020年12月3日号