「芸能人である前に一国民」秋元才加が政治発信続ける理由

写真拡大

「オーディションが受かったって報告されたとき、ハリウッドってスケールが大きすぎて……。全然、実感が湧きませんでした。撮影を無事に終えても、それでも夢心地って感じですね」

そう語るのは、秋元才加(32)。8月14日に公開されたアクション映画「山猫は眠らない8 暗殺者の終幕」で見事、ハリウッドデビューを果たした。

「セリフはもちろん英語でしたが、『ネイティブみたいに喋ろうとしなくてもいいんですよ』とスタッフの方には言われました。映画『ブラックレイン』での高倉健さん(享年83)の英語が、海外の方にとっていちばん“日本人らしい英語”だそうです。ゆっくりはっきり喋るよう意識しつつ、字幕がなくても届けばいいなと思いました」

同作で暗殺者を演じる秋元は、アクションが華である同作ゆえに「筋肉痛のままガンアクションのトレーニングをしたんです! いちばん辛かったといえば、それかな(笑)」とエピソードを明かす。新しい経験の連続で、充実した撮影時間だったようだ。

「スタントマンの方が『ここはサヤカの顔が映るから、こうやって頑張って』など、アドバイスをしてくださったんです。こういった作品に参加するのは初めてでしたが、それこそバディみたいな感じでしたね。この作品で、少しでも多くの人に秋元才加っていう存在を知ってもらえたらいいな」

劇中で激しいアクションに挑戦する秋元に“強い女性”というイメージを持つ人も多いのではないだろうか。

彼女はSNSを通して「検察庁法改正案」や「Black Lives Matter」など政治や社会問題に関する発信を行っており、自分の考えを伝える姿がたびたび話題となっている。

「政治について発信するようになったのは、新型コロナウイルスがキッカケでした。私は10代から7年間アイドルをやってきたので、『私はプロデュースをされるもので、誰かの意見を伝えるスピーカーなんだ』とずっと考えていて。でも“芸能人としての秋元才加”と“一国民としての秋元才加”を考えたときに、自分が思ってることを引っ込めてでも芸能界に居続けたいかなぁと思うようになったんです」

「芸能人である前に一国民」。そうした考えから発信を続ける秋元。今作「山猫は眠らない8」も、彼女の考え方に影響を与えたようだ。

「撮影中、ハリウッドは自分がどう思ってるのかをちゃんと人に伝えていく文化だと改めて気づきました。『人がどうじゃなくて、あなたはどうなの?』って聞かれたことが結構ショッキングで……。でも、宙ぶらりんな生き方よりも自分の意見をちゃんと伝えるほうが生きてるっていう感じがします。芸能人はこれからビジュアルだけじゃなくて、きっとその人の本質も見られていくんじゃないかな」

秋元は「自分の意見を伝えることは、責任が出てくるんです。それに『私はこう思う』って伝えることで私のことを嫌う人も出てくる」と言う。そのいっぽうで、こう結ぶ。

「でも個人の発言や意思を止めることって、他人には本来できないんですよ(笑)。何より意見を言う分、私のことを好きになってくれる人もいると思うんです。1人の人間として気持ちよく生活できて、俳優としても秋元才加の個性を大事にしたい。その方法を今も模索中です」