日航機墜落事故から35年…震えが止まらなかった現場取材の記憶

ざっくり言うと

  • 1985年に発生した日航機墜落事故を取材した当時を、筆者が振り返っている
  • 一帯には破壊された機体がバラバラに散乱し、遺体が周辺に転がっていたそう
  • 煙草を取り出しても、手がブルブルと震えて火が点けられなかったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x