弁当店チェーン「ほっともっと」を展開するプレナス

 弁当店チェーン「ほっともっと」を展開するプレナスが商品の値引きなどを強制し、広告費などを過剰に負担させたのは独禁法違反だとして、北海道の加盟店オーナーが近く公正取引委員会に違反申告する方針を固めたことが26日、分かった。独禁法に抵触する「優越的地位の乱用」に当たるとして、プレナスに是正を求めるのが狙い。

 申告するのは北海道苫小牧市の「ほっともっと苫小牧末広店」オーナー佐瀬幸恵さん(58)。本部のプレナスは「見解の隔たり」と反論し「誠意を持って説明していきたい」とした。

 フランチャイズ事業では、セブン―イレブン・ジャパンに関する違反申告が相次いでいる。