後半35分に途中出場したMF久保建英

写真拡大

[7.30 アウディ杯 R・マドリー0-1トッテナム]

 レアル・マドリーのMF久保建英が現地時間30日、ドイツで行われたアウディカップ準決勝トッテナム戦(0-1)の終盤に途中出場した。スペイン『アス』は試合後の寸評で久保に対し、高評価を与えている。

 26日のインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)でアトレティコ・マドリーに3-7で大敗するなど、ここまでプレシーズン3戦未勝利(1分2敗)のレアル。トッテナム戦でも悪い流れを止められず、前半22分にDFマルセロのパスミスからFWハリー・ケインに先制点を許した。

 レアルは後半35分に6枚替えを行い、ベンチスタートの久保は同じ18歳のFWロドリゴ・ゴエスとの交代で途中出場。同39分にPA手前左で左足を強振するが、シュートはGKウーゴ・ロリスに止められる。

 その1分後にはPA内やや右で相手のクリアボールに反応し、右足でダイレクトボレー。しかし、ゴール右に外れる。同42分に右サイドでのキープから中央に持ち出して放った左足のシュートもDFにブロックされた。

 短い時間で積極的なプレーを見せた久保だったが、試合は0-1で終了。レアルはこれでプレシーズン4戦勝ちなし(1分3敗)となっている。

 スペイン『アス』は低調なチームの中で奮闘した久保に対し、「この小さな機会(約10分間の出場)をうまく利用した。3本のシュートを放ち、最後の局面で電流を与えた」と称賛の言葉を送った。

 レアルは31日にアウディカップ3位決定戦でフェネルバフチェと対戦する。久保は引き続きジネディーヌ・ジダン監督にアピールすることはできるか。