AppleがiPhoneと連動させて使用するApple Pay用の独自クレジットカード「Apple Card」を発表しました。

Apple Events - Livestream - Apple

https://www.apple.com/apple-events/livestream/

続いて「Apple Pay」について。

Apple Payは世界中で使用されており、2019年に入ってからだけでも100億回以上もApple Payでの取引が行われています。

アメリカではApple Payの採用率は70%ほどですが……

ヨーロッパ諸国ではそれ以上の採用率を誇っています。

Apple Payが使用できる国と地域の数は40以上。

ロンドン・モスクワ・東京・北京・上海などの世界の主要都市に存在する交通機関でもApple Payを利用することができます。

しかし、対応カードはさまざまで、日本の場合は「iD」が使えても「QUICPay」が使えない店舗があったりと、Apple Payと連携させているクレジットカードによってどの店舗で使えるかどうかは異なってきます。

そこで、よりシンプルで手数料がかからず、金利が低く、報酬プログラムが明快で、プライベートかつセキュアなクレジットカードをAppleが開発しました。

それが「Apple Card」です。

iPhoneと連携させて使用するApple独自のクレジットカードとなります。

iPhoneからサインアップして……

すぐに使えるようになります。

世界中のどこでもApple Payが使える場所ならば利用できます。

さらに、既存のApple Pay対応カードよりもいくら使ったかやこれまで合計いくら使ったかなどが明快にわかるようになっています。

Apple Payでの支払いが「どこで」行われたかを地図で確認することも可能。

支出をカテゴリ分けしたり……

曜日ごとの支出をグラフ化したりすることも可能。

もちろんいつでもチェックできます。

キャッシュバックプログラムの「Daily Cash」

日常的にApple Payを使用して買い物をしている場合……

「Daily Cash」からその日の支出内容を詳細にチェック可能。

お店や友人への送金や、アプリケーションやウェブサービスへの支払いもチェックできます。

Apple Cardならば、支出の2%がキャッシュバックされます。

Appleからの買い物は3%のキャッシュバック。

延滞料や年間手数料、国際手数料、限度超過手数料などは一切なし

Apple独自のクレジットカードとなるApple Cardはゴールドマンサックスおよびマスターカードとの協力のもとで提供されます。

また、プライベートかつセキュアなカードを目指し……

各デバイスごとにカード番号を発行

さらに、Appleはどこで何を買ったのかや、いくら支払ったのかといった情報を一切保存しません。

ゴールドマンサックスも支出データをマーケティング目的でサードパーティに販売することはないと約束しています。

ここでムービーが始まり……

Apple Cardが登場

Apple CardはiPhoneと連携させてApple Payで使用するためのものであるため、カード番号もセキュリティコードも有効期限も記載されていません。

なお、物理的にクレジットカードとしてApple Cardを使用した場合は1%のキャッシュバックが得られるそうです。

Apple Cardは2019年夏に利用可能となります。

なお、Apple Cardの概要をまとめたムービーも公開されており、以下から再生できます。

Introducing Apple Card - Coming Summer 2019 - YouTube

・つづき

Appleが独自のサブスクリプション型ゲームサービス「Apple Arcade」を発表 - GIGAZINE