阪神のドリスが1球で危険球退場 剛球が広島・會澤翼の頭に直撃

ざっくり言うと

  • 16日の広島戦で、阪神のラファエル・ドリスが1球で危険球退場となった
  • 1点リードの九回、広島の會澤翼の頭に150キロの剛球が直撃
  • スタンドから悲鳴が上がり、ドリスはマウンド上でぼう然と立ち尽くした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x