日本版ダボス会議を目指して10年前に始まった「G1サミット」と、鎌倉で働く人たちの交流の場として昨年オープンした「まちの社員食堂」。規模はまったく違うが、どちらも発信力のあるイベントだ。立ち上げに関わった面白法人カヤックの渡辺裕子さんは、「私のイベントづくりには共通のコンセプトがある」という--。■「日本をもっとよくしたい!」から始まったG1サミット「G1サミット」というのは、日本版ダボス会議をつくりたいと