◇交流戦阪神―楽天(2019年6月20日甲子園)阪神が守備の乱れをきっかけに同点に追い付かれた。2点リードで迎えた5回。先頭・ウィーラーが放った平凡な一塁へのゴロに原口がバウンドを合わせられず、ボールはグラブの下を抜けていった。さらに続く辰己の飛球を近本が落球。左中間の打球に追い付いて捕球したかに見えたが、ボールはグラブからこぼれ落ち、一、二塁のピンチを作ってしまった。2つ続いたまさかの失