「従来のお札が使えなくなる」という誤った情報や詐欺行為に要注意

写真拡大

 新紙幣の発行が7月3日から開始されます。そんな中、日本銀行が、「従来のお札が使えなくなる」といった誤った情報や詐欺行為などに注意するよう、Xの公式アカウントや公式サイトで注意を呼び掛けています。

 日本銀行は、新紙幣発行後の旧紙幣の使用可否について、「従来のお札は、新しいお札が発行された後も、引き続き、使うことができますので、新しいお札に交換いただく必要はありません」とXでコメントしています。

 新紙幣は発行開始日以降、日本銀行から金融機関に支払われ、準備が整った金融機関から、順次、金融機関の窓口やATMなどで入手できるということです。

 このほか、日本銀行は、新紙幣の交換について、「日本銀行では、汚染、損傷その他の理由により使用することが困難となった日本銀行券の引き換えは行っていますが、両替や新しい日本銀行券(新券)への単純な交換は行いません」と公式サイトで説明。

 その上で、「銀行券について記番号順に支払うといった取り扱いは行っていませんので、新券の発行開始当日を含め、日本銀行に来店されても、ご希望される特定の記番号の銀行券は入手できません」と注意を呼び掛けています。

 なお、日本銀行券・貨幣を故意に汚染・損傷させると、場合によっては、引き換えに応じてもらえないほか、法令により罰せられる可能性もあるということです。