貨幣の製造過程で、刻印や穴を開ける場所がずれてできたエラーコインは、マニアの間で珍重され時に数十万円の値がつくことがあります。同様に、AppleのロゴがずれてプリントされてしまったiPhone 11 Proが発見され、通常価格よりはるかに高い2700ドル(約30万円)で取引されたと報じられました。

One in a million: Someone resold this iPhone 11 Pro with a misaligned Apple logo for $2,700

https://www.idownloadblog.com/2021/04/12/iphone-misaligned-apple-logo/

Images show ‘extremely rare’ iPhone 11 Pro misprint with misaligned Apple logo - 9to5Mac

https://9to5mac.com/2021/04/11/iphone-11-pro-misprint-images/

Apple製品に関する情報の収集を行っているTwitterアカウントのInternal Archiveは、2021年4月9日に「iPhone 11 Proのミスプリント版が2700ドルで売られていました。このミスプリント版は大変なレアもので、発生確率は1億分の1か、もしかしたらそれ以上のレア度かもしれません」とツイートしました。

問題のiPhone 11 Proがこれ。

背面にあるAppleのロゴが少し右寄りになっています。

通常のiPhone 11 Pro(左)と問題のiPhone 11 Pro(右)を見比べてみると、ロゴのずれっぷりが分かります。

Apple関連の情報を専門とするニュースサイトの9to5Macは、「興味深いのは、製造の過程でミスプリントが発生したというだけではなく、これが世間に出回ったということです。一般的に、このようなミスプリントはユーザーやコレクターの手に渡らないように、製造時に破棄されるものです」とコメントしました。