娘にヌード写真を送信されてしまった母親(画像は『UNILAD 2020年10月17日付「Girl, 2, Sends Mum’s Nudes To Entire Contact List」(Kennedy News)』のスクリーンショット)

写真拡大

昨今は幼い子供にタブレット端末やスマートフォンを預ける親も多いと思われるが、目を離した隙にとんでもないハプニングも起こってしまうようだ。このほどアメリカで、2歳の娘にほんの一瞬だけスマートフォンを渡した母親が、自分のヌード写真を友人や同僚らに送信されてしまったのだ。『UNILAD』『Mirror』などが伝えている。

米オハイオ州に住むエミリー・シュミットさん(Emily Schmitt、30)は今月11日、シャワー後に裸のままドライヤーで髪を乾かしていた時のこと、2歳になる娘のカーシンちゃん(Carsyn)が退屈しないようにスマートフォンを渡した。

するとカーシンちゃんはスマートフォンで裸のエミリーさんを撮影しだした。この時エミリーさんは、写真を撮られていることに気づいていなかったようだ。

そして後に、エミリーさんのスマートフォンに同僚から「ヌードを送ってくれてありがとう」とメッセージが届いた。一瞬意味が分からなかったエミリーさんだが、スマートフォンを確認すると自分のヌード写真が同僚や大学時代の友人、取引先の担当者など15人ほどに送信されていた。

犯人は紛れもなくカーシンちゃんだった。スマートフォンで遊んでいた際に裸のエミリーさんを撮って、Snapchat(スナップチャット)にある連絡先リストに送信してしまったのだった。写真は複数枚送信されており、中にはカーシンちゃんの足などの写真もあったようだ。エミリーさんはこのハプニングについて次のように語っている。

「いやぁ、もうそれはとても可笑しかったんです。カーシンは自由奔放すぎて手に負えませんよ。私が働く不動産仲介会社は両親が経営しているんですが、あの後に私が出勤すると父が同僚の前で『お! ポルノスターがやって来たぞ!』ってからかうんですよ。『もう、会社辞めるからね!』って言ってやりましたよ。」

エミリーさんは今回のカーシンちゃんのイタズラについて、ユニークなハプニングだと捉えているようだ。また幸運だったのは、写真は表示期限が切れると自動的に削除されるSnapchatのデフォルト機能で送信されていたことだった。これによりエミリーさんのヌード写真は自動的に削除されたことになる。

エミリーさんはホッとしたようで「削除されたことだけが、みんなにお尻を見られてしまった後の私のささやかな慰めになっています」と話している。

画像は『UNILAD 2020年10月17日付「Girl, 2, Sends Mum’s Nudes To Entire Contact List」(Kennedy News)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)