「痛風でもビールを飲んでもいい?」

【表】尿酸値を下げる薬の“本当は怖い”副作用

 そんな、痛風患者に一筋の光明が差すような話が展開されているのが、「『健康』から生活をまもる 最新医学と12の迷信」(生活の医療社)だ。筆者の大脇幸志郎氏は、東京大学医学部を卒業後に出版社に勤務。その後、最新の医療論文を紹介する「MEDLEYニュース」の編集長を経て、現在は医師として診察を行っている。

 本書にある大脇氏の主張は「ビールにプリン体はほとんど含まれていない」「食事のコレステロールは計算しなくていい」「がん検診は行っても行かなくてもいい」と“うますぎる話”にも思えるが、すべてがエビデンスに基づいている。読み進めていくと、現代人がいかに健康情報に振り回されてしまっているかが見えてくるのだ。

 情報が溢れるなかで、医学知識を適切に役立てるにはどうすればいいのか--。

 文春オンラインでは第1章「痛風、尿酸、プリン体」を抜粋する。

※本書にある注釈や出典については省略し、一部編集をしています。


©iStock.com

◆◆◆

「プリン体は減らそう」本当にそうだろうか

 ビールは好きだろうか。ビールを買うときに、「プリン体」という言葉を見た覚えはあるだろうか。ビールの広告にはよく、プリン体が少ないとかゼロだとか書いてある。プリン体とはなんだろう?

 プリン体の少なさが宣伝になるということは、どうやらプリン体は体に悪いらしい。テレビの健康番組か何かで、プリン体は体内で尿酸というものに変わると聞いたことがあるかもしれない。尿酸とは? 尿とついているがおしっこのことではなく、血液の中を流れているようだ。そして尿酸は痛風の原因になるらしい。

 痛風とは、痛いという字がつくぐらいだから、痛い病気のようだ。

 そういえばどこかの誰かが「足の親指の付け根が腫れて激烈に痛くなる病気」だと言っていた。「風が吹いても痛む」というのが語源だとも。

 話をつなぎ合わせるとこうだ。ビールを飲むとプリン体が体に入るので、プリン体は尿酸になり、尿酸は痛風を起こし、痛くなる。だからプリン体は減らそう。そういうことらしい。

 しかし、本当にそうだろうか。

 まず、ビールにプリン体はごくわずかしか含まれていない。重量あたりのプリン体の量で言うと、肉や魚のほうが10倍から100倍は多い。しかし、ちりめんじゃこを毎日食べていたら「痛風になるよ」と注意されたなどという話は聞いたことがない。むしろ「魚を毎日食べて健康的ですね」と言われるのが普通かもしれない。たいていの人はビールの何倍ものプリン体を毎日食べているのだが、痛風になる人はそう多くない。

 相当の大酒飲み以外は、ビールから飲んでいるプリン体の量など、食事全体から見れば誤差の範囲内だ。

痛風になっても後悔しないと納得したうえで、ビールを飲む自由はあるはずだ

 さらに、プリン体は食べなくても、もともと体内で作られている。その量は食べものから入ってくる量より数倍多い。つまり、食べもの由来のプリン体は体内のプリン体のごく一部でしかなく、ビールのプリン体はそのまた誤差ほどでしかない。

 ところが栄養学はプリン体を計算するだけでは許してくれない。問題はプリン体ではなく尿酸だと言ってくる。プリン体の話はなんだったのかと思ってしまうが、まあいい、プリン体は忘れよう。尿酸だと何が問題なのか。アルコールだ。アルコールは尿酸を体にためこむ作用がある。だから酒を飲むと尿酸は増えてしまう。どんな酒でも。だから、ビールでも。やっぱりビールは痛風になるのだ、ビールを飲むな、ほかの酒も飲むな、と言われてしまう。

 酒好きな私たちはどう言い返せばいいのだろう。

 まず言えるのは、世の中に酒好きがこれほどいても、痛風になる人はごく一部だということだ。飲んだせいで痛風になった人はどこかにいるのかもしれない。しかし、飲んでも痛風にならない人のほうがはるかに多い。

 冬場に生ガキを食べてノロウイルスにやられる人は毎年いる。しかも、めちゃくちゃ多い。それでも生ガキは禁止されていない。

 同じように、万一痛風になっても後悔しないと納得したうえで、ビールを飲む自由はあるはずだ。飲んでもどうせ痛風になる確率は低いのだ。しかも、痛風になっても別に他人に迷惑はかけない。生ガキでノロウイルスをもらった人は下痢や嘔吐によって大量のウイルスを他人に広めることになるし、ノロウイルスの感染力はめちゃくちゃ強いが、痛風はうつる病気ではない。

 自己責任論はそれなりに説得力がある。

 栄養学もさすがに、地上の誰にも酒は許さないとまでは言わない(いや、最近は様子が違ってきているのだが、その話は後回しにしよう)。

禁酒をすると痛風が減るという証拠はない

 だが油断してはいけない。世の中には尿酸の血液検査というものがある。健康診断か何かで尿酸を測られる。「尿酸値が高いですね、お酒は控えたほうがいいでしょう」と言われてしまう。検査をして現の証拠をつかまれたとなると、言い訳は苦しく思えてしまい、「わかりました」と答えてしまうかもしれない。

 検査結果を突きつけられてもまだあきらめるのは早い。

 血液検査など占いのようなものだ。数字で出るから客観的だということはない。確かに酒を飲むと尿酸値は上がる。しかし大事なのは痛風だ。実は禁酒をすると痛風が減るという証拠はない。ついでに言うと、食べものを変えても痛風が減るという証拠はない。だから、尿酸値が高いからといって酒をやめる必要はない。

 それでも、数値を下げるために「できることはやっておきましょう」と言われるかもしれない。酒のせいではないかもしれないが、酒のせいかもしれないのだから、禁酒してみる価値はある、そういう理屈だ。

 この理屈は一見もっともなようでいて、「雨乞いをすると雨は降らないかもしれないが、降るかもしれないので、雨乞いをする価値はある」と言っているようなものだ。雨乞いをやれと言われても聞く必要はない。その場でだけ「やります」と嘘を言っておいて、帰ってから心おきなく飲んでもいい。

尿酸値を下げる薬で痛風は防げるのか

 さて、事実と言葉の力を駆使して、飲む権利を確保し、気分良くビールを飲む生活を続けたとしよう。

 あるときまた健康診断に行けと言われる。

 会社で義務づけられているから仕方ない。採血されてしまえば尿酸だけは測るなと言うわけにもいかない。前回よりだいぶ高い数字が出る。今度は酒の話はそこそこに、「お薬を始めましょう」と言われるかもしれない。薬を飲めば尿酸値が下がるのだと。

 そう言われて黙っていると、ザイロリック(一般名:アロプリノール)とかフェブリク(一般名:フェブキソスタット)とかウリアデック(一般名:トピロキソスタット)といった薬が出てくる。言われるがまま薬を飲み、1か月後の検査に行くと、確かに尿酸値は下がっている。効いたようだ。なら、まあ、いいか。医療費も払えないほどではない。毎日薬を飲むのは面倒だが、ビールを飲むなと言われるよりは楽なものだ。

 しかし、そもそも問題は痛風だったはずだ。痛風の話のはずが、いつのまにか尿酸値の話になっている。薬で尿酸値が下がるのはわかった。ではその薬で痛風は防げるのか。

「痛風の予防」とは一言も書いていない

 薬の添付文書という説明書を読むと、ザイロリックの効能効果は「下記の場合における高尿酸血症の是正/痛風、高尿酸血症を伴う高血圧症」とある。高尿酸血症というのは尿酸値が高いということで、高い尿酸値を「是正」できると書いてあるが、「痛風の予防」とは一言も書いていない。薬で痛風は防げるのだろうか。

 防げない。正確には、尿酸値が高い以外に持病がなく、痛風になったこともない人が、尿酸値を下げる薬を飲んでも、初発の痛風が減る、という証拠はない。

 日本の学会が出しているガイドラインには、尿酸値が高いだけなら薬を始めるかどうかは慎重に考えるべきだという意味のことを書いてある。

 アメリカのガイドラインはさらに慎重で、痛風になったことがない人はもちろん、1回だけ痛みの発作が出た人や、数年ごとに発作が出ている人でさえ、基本的には薬を始めるべきではないと言っている。痛風になった人が薬を飲んで再発が減るか試したという研究があるのだが、1年以内の痛風の再発が減ったというデータは出ていないからだ。ではどんな人が薬を飲むべきかというと、1年以内に2回の痛風を繰り返すとか、ほかの要素も加わってようやく、患者と医師がよく相談して決めるべしとしている。

 だから、痛風になったことのない人は、「尿酸値が高いですね、薬を始めましょう」と言われたら、「でも私は痛風になったことがありません」と言ってもいい。たいていの医者はそういう場合に薬が効かないことを知っている。渋い顔をされたら「添付文書にも痛風予防とは書いてないし日本のガイドラインもアメリカのガイドラインも痛風予防のために薬は勧めてないですよね」と言ってもいい。

「ゼロではなく100%でもないリスクに対して適切にふるまう」という問題

 さて、どうしてそこまでして尿酸の薬を拒否しないといけないのだろうか。振り返っておこう。

 薬を飲むのは面倒だし、お金もかかる。しかも尿酸の薬は予防が建前だから、何も起こらないかぎりずっと飲み続けることになる。死ぬまでか、医療費を払えなくなるまでか、ほかの病気で痛風どころではなくなるまでか、いずれにせよ、ずっとだ。

 それから薬の副作用も考えておこう。

 副作用の話をするのはとても難しい。軽い副作用や対策できる副作用であっても、副作用があると思うと「そんな不気味な薬は飲みたくない」と感じてしまうものだ。

 だから筆者がもし「尿酸の薬を嫌いにさせよう」と考えるなら、副作用の恐ろしさを強調して書くのはとても簡単だ。

 だがそうはしない。「薬で痛風を防げる」という迷信を捨てた代わりに「薬は怖い」という迷信を覚えても、自由にはなれない。迷信を捨てて自由に生きるためには、ゼロではなく100%でもないリスクに対して適切にふるまうというやっかいな問題を避けては通れない。だからここでも副作用の話はできるだけ一方的にならないように書く。週刊誌か何かでよくある「薬は怖い」という話に比べるとはるかに面倒でわかりにくい話になってしまうが、しばらく付き合ってほしい。

 尿酸値を下げる薬には、ザイロリック(一般名:アロプリノール)、フェブリク(フェブキソスタット)、ウリアデックまたはトピロリック(どちらもトピロキソスタット)、ユリノーム(ベンズブロマロン)、ベネシッド(プロベネシド)、ユリス(ドチヌラド)がある。

まれで致命的な副作用をどう考えるか

 利益があれば、多少の副作用があっても無視できるかもしれない。逆に言って、利益がなければ、わずかな副作用も許されない。痛風がない人にとって尿酸の薬は、効く証拠がない。つまり、効くかどうかわからない。だからこそ、表1に挙げるようなまれな副作用を無視しにくい。

 まとめると、尿酸値を下げる薬で初発の痛風を防げるという証拠はなく、薬によっては死亡のリスクを疑われている。比較的安全な薬でも軽い副作用のリスクとか費用とか飲み続ける面倒さはついて回る。

 まれで致命的な副作用をどう考えるかは難しい。

 たとえば、自動車を運転すると事故で死ぬかもしれないが、それでも便利さを取って運転している人は多い。飛行機に乗れば落ちるかもしれないし、飲食店で出てきたものは食中毒を起こすかもしれないし、あなたのパートナーはHIVに感染したことを隠しているかもしれない。

 こういうリスクにとらわれていると何もできなくなる。明らかな理由があれば、小さいリスクは無視するのが普通の判断だ。

痛風は転げ回るほど痛いが、痛風になる前の薬は効く証拠がない

 では尿酸の薬の副作用は無視できる程度のリスクだろうか? そうかもしれない。痛風は痛い。転げ回るほど痛い。仕事や家事どころではなくなる。しかも繰り返す。だから筆者も、痛風になったあとの治療までは否定しない。

 しかし痛風になる前の薬は効く証拠がない。リスクがあることはわかっているが、利益は不明なのだ。幸運のおまじないをすると1億回に1回の割合で10万円なくすとしたら、やってみようと思うだろうか。

 痛風をめぐる迷信は根が深い。ビールから始まって、食べものにも、薬にも話は広がる。大本になっているのは、「初発の痛風を予防できる」という迷信だ。迷信でもいいから薬を飲みたいと思うならそれも自由だ。だが、迷信だから従わないと考えるのも自由だ。

 迷信のために、肉や魚や酒、特にビール、それも好きな銘柄のビールを、プリン体の量がほかの銘柄より多いという理由で、あきらめることはない。

(大脇 幸志郎/Webオリジナル(特集班))