新型コロナは「ある意味で痛快な存在」と編集委員 朝日新聞社が謝罪

ざっくり言うと

  • 朝日新聞社は14日、編集委員がTwitterで不適切な投稿をしたとして謝罪した
  • 「新コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在かもしれない」と13日に投稿
  • 投稿後に外部から指摘があり、編集委員は同日夜にアカウントを削除していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x