夏季オリンピックは大きな矛盾を抱えている。解決策はあるのか?


(後藤 健生:サッカージャーナリスト)

 東京オリンピックのマラソン・競歩は最終的に札幌で開催されることが決まった。

 そもそも、前回のコラム(「米テレビの都合優先、オリンピック正常化の方法は?」https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58104)でも触れたように、夏季オリンピックというのは大きな矛盾を抱えた巨大イベントだ。何よりも、開催時期が7月後半から8月、つまり屋外でスポーツを行うには最も適さない北半球の真夏の時期と決まっており、しかも1つの都市でわずか2週間強の間に集中開催されるのだ。

 こうした矛盾が噴出したのが、今回のマラソン・競歩問題だった。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

米国のテレビマネーに依存するIOC

 そこで、前回は「オリンピックを長期間にわたって分散開催したらどうか」という提案をした。たとえば3月から8月まで6か月ほどをかけて時間的に分散して行えば、それぞれの競技に相応しい気象条件の中でプレーできるし、開催都市の負担も大幅に軽減される。

 しかし、この案の実現は難しいだろう。オリンピックが7〜8月に開催されるのはアメリカのテレビ局(具体的には北米での独占放映権を持つ3大ネットワークの1つ、NBC)の都合だからだ。他の人気プロスポーツと競合しない8月にオリンピックというビッグイベントが行われるのは彼らにとって大きな利益なのだ。

 そして、オリンピックを主催する国際オリンピック委員会(IOC)はアメリカのテレビマネーに依存している。

 今回のマラソン問題でIOCが東京都や東京大会組織委員会に対して高圧的な態度で臨むことができたのも、彼らが非常に潤沢な資金源を持っているからだ。そして、その資金の多くがパートナー(スポンサー)となっている多国籍企業やアメリカのテレビマネーから出ている。豊かな財政力と特権的な地位を享受しているIOCが、そう簡単にテレビマネーを放棄するはずはない。

 ちなみに、オリンピックの開催時期以外にもスポーツ界はテレビマネーのためにいろいろな影響を受けている。多くの競技ではテレビ向けにルールが変更され、タイブレーク制導入などによって試合時間が極端に長くならないようにされた。柔道では柔道着だけでなく、ついに畳までがテレビ映りの良いようにカラー化されてしまった。東京オリンピックでの水泳競技はアメリカのゴールデンタイムに合わせて日本時間の午前中に決勝種目が行われることとなっている。

 そうしたことを考えると、「7〜8月開催」を変更するのはやはり難しそうだ。実際、マラソン問題などを話し合った調整委員会でも、コーツ委員長は「開催時期の見直し」に関する質問に対してはただ言葉を濁すだけだった。

 どうやら、「オリンピックの時間的分散開催」は難しいようだ。

単一都市での開催はもう無理

 そこで、僕は第2案として「オリンピックの空間的(地理的)分散開催」を提案したい。

 日本各地で開かれていたラグビー・ワールドカップは、夏季オリンピック、サッカーのワールドカップと並ぶ「スポーツ界の世界3大イベントの1つ」とも言われている。このうち、サッカーとラグビーのワールドカップ開催権は国単位で与えられる。一方、オリンピックは1つの都市に開催権が与えられる。2020年のオリンピックは「日本大会」ではなく「東京大会」なのだ。

 かつて、広島市と長崎市が共同でオリンピックの招致をしようというプランがあったが、「複数都市での開催はオリンピック憲章に反する」として門前払いのような形で立ち消えとなってしまったこともある。

 これは考えてみるとすごいことだ。

 2018年のサッカーのワールドカップは、ロシアという広大な国の11都市12会場を使って、35日間かけて64試合が行われた。また、2019年のラグビー・ワールドカップは日本各地の12都市で44日間かけて48試合が行われた。それに対して、2020年の夏季オリンピックは東京という1つの都市で、わずか17日間の間に集中して行われる。しかも、オリンピックはサッカーやラグビーのワールドカップよりはるかに参加選手数が多く、イベント数(試合数)も圧倒的に多いのだ。

 1964年の東京オリンピックは94カ国から5133人の選手が参加して行われたが、2020年大会には205の国と地域から1万2000人ほどの選手が参加すると見込まれている。現代のオリンピックはこれだけ肥大化してきているのだ。

 単一都市での開催はもう無理なのではないだろうか。これからは複数都市での共同開催も認めるべきなのではないのか?

 今回のマラソン・競歩問題は、IOC自身がそうした矛盾を認めざるを得なかったということでもある。

 もし、2020年大会が最初から「日本オリンピック」だったり、「東京・札幌オリンピック」だったら、暑さが問題になるマラソン・競歩は最初から札幌で行われることになっていたはずで、今回のような騒動は起こらなかったはずだ。

世界各地で同時期に開催してはどうか

 さらに大胆な提案をさせていただきたい。オリンピックは、何も1つの都市あるいは1つの国に集まってすべての競技を行わなくてもいいのではないか。世界各地で同時期にオリンピックと称して各競技の最高峰の大会を開催すればいいではないか。つまり、「グローバルオリンピック」というのが僕の提案だ。

 野球・ソフトボールが実施競技から外されたのは、アメリカの大リーグ(MLB)の協力が得られず世界のトップクラスの選手が出場できないのが原因の1つだったが、もう1つの問題は、野球が盛んではないヨーロッパなどには「野球場」という施設がないことだった。野球場というのは扇型の特殊な形をしているので、他競技用のスタジアムを転用するのが難しい。

 そのため、2000年のシドニー大会や2004年のアテネ大会では野球場を新設する必要があったのだが、オリンピックが終わればそうした国では野球場は使い道がなく、いわゆる“負の遺産”になってしまうのだ(シドニーの場合は、大会後には改装されてオーストラリアンフットボールやクリケット用のスタジアムに転用された)。

 一方で、北アメリカや東アジアには各地に素晴らしい野球場がいくつもあるのだから、野球はそういう国で開催すればいい。

 同様に、各競技がそれぞれの“本場”で開催されれば、施設も各競技の最高レベルの専用競技場が使えるし、地元の役員もその競技の運営に慣れているはずでスムースに開催できるはずだ。暑さが問題になる競技は高緯度の北ヨーロッパやカナダ、あるいは南半球で開催すればいいだろう。野球は、もともと夏場のスポーツだし、北アメリカや日本にはドーム球場もあるから暑さは問題にならない。

20世紀的な発想とお別れを

 テレビ局にとっても問題はないはずどころか、世界各地での同時開催はきわめてテレビ向きのイベントとなる。

 スポーツ中継はなんといってもライブ放送が魅力的だ。ライブ中継だからこそ、選手たちの一挙手一投足で大いに興奮できるのだ。しかし、同時にいくつもの競技が行われていたら、すべてをライブで観戦することは不可能だ。

 だが、世界各地で同時にオリンピックが開催されれば、24時間を通じてどこかで競技が開催されているということになる。そして、24時間、ライブで競技が放映できるのだ。こうすれば、オリンピックは通信の発達した21世紀だからこそできるグローバルなイベントになる。

「グローバルオリンピック」など荒唐無稽のような気がするかもしれない。だが、1つの都市に1万人以上の選手が集まって、わずか17日間のうちに33競技339種目(2020年大会の場合)で優勝を争うなどという方がよほど無理の多い話なのではないか。そんな「巨大ならよし」とする考え方は、20世紀的な発想でしかない。

筆者:後藤 健生