日々、美食を極めている食通の著名人だって、カジュアルな料理を無性に食べたいときもある。

イケメンお笑い芸人、元サッカー日本代表、サラブレッドな歌舞伎俳優…食通と噂される著名人の食事タイムを直撃!

無性に食べたくなる、愛すべきひと皿を教えてもらった。




【とある日、PM8:00】チュートリアル・徳井さんと銀座一丁目で遭遇!


月曜日の夜20時。「ども!お久しぶりです〜」の声とともに、入ってきたのは仕事終わり風のイケメン。

ビールをひと息に飲み、ぷはぁ〜とやる姿はまるでCM。

後輩連れでも美女連れでもなく、カウンターでひとり串を楽しむのは、チュートリアルの徳井さん!



フライヤーを使用せず、新鮮な油をたっぷり張った鍋で揚げるのが店主・矢崎さんのこだわり。驚くほどの軽やかな串揚げは、「40代でも胃もたれゼロ!20本は、余裕でいけちゃいます」と徳井さんも太鼓判を押す

イケメン芸人が愛するのは、大阪のソウルフードだった!
『卯ノ月』

リズムよく供される串揚げは、基本的にはおまかせだ。同時刻でスタートした客同士であれば、同じラインアップが皿に並んでいく。

だが、ふと見るとカウンター席のひとりだけ、ある串が何度もリピートされているのに気づく。




「子持ち昆布が大好きで(笑)」

こちらの怪訝な視線に気づいたのだろう、気さくに話すその人は、チュートリアル・徳井義実さん!

「やっぱり関西人の血なんでしょうね。串揚げは定期的に食べたくなるんです。

関西ではいわゆる狷鹽戮鼎蔚愡〞の串カツですね。衣がガッツリついて、こんな洗練されていないやつ。

ここはお洒落だし、ヒマラヤ岩塩やポン酢なども出されますが、僕はソース1本。カッコよくはキメきれない(笑)」



おまかせで出てくる串揚げは、常時30種以上のネタがケースに並ぶ。谷中生姜の肉巻きやマグロなど、酒のアテとして最高なネタも多数。移転前の世田谷の店が徳井さんの家のすぐ近くで、ふらりとひとりで立ち寄ったのが通い始めたきっかけだそう。カウンター席のほかに個室も1室ある


その証拠に徳井さんの前にだけ、ソース専用の小皿が用意されていた。常連感たっぷりなのに、あくまでも自然体。

大好物の子持ち昆布を何度もお代わりし、その度にたっぷりのソースをつけて頬張る。ときには見ず知らずの隣客と会話まで。彼がモテる理由、納得です。



銀座中央通りと並行に走る銀座一丁目の小道。路面店ながらも、中を伺うことができないビルの一角に6年前オープン


■プロフィール
徳井義実 1975年京都府生まれ。お笑いコンビ、チュートリアルのボケ担当。「よしもと男前ランキング」殿堂入り。ゲストがエピソードとともに1品を紹介するTBS系『人生最高レストラン』ではMCを務めている

■衣装
シャツ¥34,560〈EDIFICE TEL:03-5457-1873〉


サッカー界のモテ男が食べていたものは!?




【とある日、PM6:55】颯爽とお好み焼き店に入る前園真聖さんを発見!

場所はオフィス街、丸の内のビル地下。

明らかに周囲のワーカーとは異なる、いい色に日焼けした男性がのれんをくぐる姿を目撃。

後ろ姿からして、アスリート風のオーラを纏うその人は、前園真聖さん!

元サッカー日本代表の彼がなぜ港区ではなく丸の内に!?




唯一無二の濃厚ソースが、体育会系の食欲に火をつける
『鶴橋 お好み焼き オモニ 丸の内店』

「前園さんが来てくれはった〜!」

これぞ狢膾紊里ばちゃん〞と言わんばかりの熱烈な出迎えを受けていれば、誰だって振り向かずにはいられないだろう。

のれんをくぐり、勝手知った様子で奥の個室へと入って行った彼の姿を追って、こちらも図々しく声を掛けた。



前園さんは4〜5年前から、大阪での仕事終わりに、たびたびオモニグランフロント店を訪れていたそう。丸の内店がオープンしてこちらに来る機会が増えたというが、来店を耳にしたお母さんが大阪から駆けつけることもあるとか


「通う理由は、お母さんの人柄です」

そう前園さんが切り出すと、「ほんまにうれしいわぁ♥ 今日は私が前園スペシャル焼くから、ほなちょっと待っててな〜」と厨房へと慌ただしく消えていくお母さん。

そのやり取りが前園さんの頬を緩ませる。



「ゲソ塩焼き」→「とんぺい焼き」→「特製焼きそば」からの最後に「オモニ焼き」で〆るのがこの店の定番スタイル。生地の分量は最小限、キャベツがほとんどなため、軽くて何枚でも食べられるのが特徴。すべて、スタッフが焼いてからサーブ。近々、前園さんの好物が詰まった「ゾノ焼」もオンメニューするとか!?


「料理には人柄が出ると思うんです。ここの『オモニ焼き』は、そういう意味では愛情たっぷり(笑)。

とくにソースはフルーティなまろやかさの奥に、ピリッとした辛味が効いていて、無性に食べたくなるんですよね。

意外かもしれませんが、基本的に普段は家ごはん派。でもたまの外食で何食べる?となったら、ここのソース味が頭に浮かびます。

僕はあれこれ新規開拓するより、浮気せず一途に同じ店に通うタイプなので」

まさに相思相愛。ごちそう様!



50年以上前に大阪・鶴橋で産声を上げた人気お好み焼き店。カウンター席も充実で、ひとりでも楽しめる


■プロフィール
前園真聖 1973年鹿児島県生まれ。プロサッカー選手として、横浜フリューゲルス、東京ヴェルディなどに在籍し、日本代表にも。現在はサッカー解説者以外に、バラエティや情報番組でのコメンテーターなど多方面で活躍中


美男の御曹司を東銀座で発見!




【とある日、PM3:50】東銀座でカレーを食す尾上右近さんに出会った!

週末のランチ時ともなれば大行列。でもこの日は平日の夕方。

並ばずに入れる狙い目の時間帯を知っていると言わんばかりに、颯爽と店内に入ってきた男性ふたり組。

着席と同時にメニューも見ずにオーダーし、メガネを外した顔は、尾上右近さんだった!




歌舞伎界のサラブレッドは、御用達の爛淵ぅ〞を溺愛!
『ナイルレストラン』

「初めてですか? であれば、『ムルギーランチ』をまずは食べてみて」

何をオーダーするか悩む女性客に声をかけ、親切に説明する男性こそ、尾上右近さん!

「地方公演の合間を縫って、半日ほど戻ってきまして。実は東京駅に着いたその足で来てしまいました(笑)。どうしてもここの『チキンマサラ』が食べたくて。」




「ナイルといえば『ムルギーランチ』が有名ですが、最近の僕の気分はこっち。鶏肉がゴロゴロ入っていて、酸味とスパイスのバランスが絶妙。

食べた後は、充電完了、お腹いっぱい!となりますが、またすぐ恋しくなってしまう。もはやDNAレベルで刷り込まれている味、と言っていいくらい(笑)。」



70年の歴史の中では比較的新しいメニュー(といっても約20年前!)。さらっとしながらも、後から訪れる辛味がクセになる。具材はシンプルに鶏肉とピーマンのみ。ライス(¥400)は別なので、忘れずにオーダーを。パワーをつけたいときは、『ムルギーランチ』とミックスして食べることもあるとか


「ちなみに、食べるときは水を一切飲まずにルーとライスが同時になくなる、完璧なバランスだけを考えながら食べています。

この無心になれる時間というのも、すごくいい息抜きになっているのかも」

右近さんの語る『チキンマサラ』への想いは、まるで恋人の話をしているかのよう。彼の愛するひと皿は、これからもずっと変わらない。



今年で創業70周年を迎えた日本初のインド料理店。歌舞伎座、新橋演舞場からいずれも徒歩5分圏内という立地もあり、多くの俳優、歌舞伎役者に愛されている。店の入り口には唯一貼ることが許されたという尾上右近さんの千社札も。小さいころ、父親に連れられて訪れた思い出の店であり、カレー好きの原点となった店だとか


■プロフィール
尾上右近 1992年東京都生まれ。屋号は「音羽屋」。7歳で初舞台を踏み、歌舞伎界を担う若きホープとして注目を集めている。第五回「研の會」が8月28日〜京都芸術劇場春秋座、国立劇場小劇場で公演予定