押収された総入れ歯(画像は『Jennings County Sheriff’s Office 2019年7月24日付Facebook「On Monday July 22, 2019 Deputy Chris Gholson took a report of stolen dentures from a female in the Country Squire Lakes area.」』のスクリーンショット)

写真拡大

米インディアナ州で、他人の総入れ歯をはめて街に繰り出していた女が逮捕された。同州ジェニングス郡保安官事務所が、押収した総入れ歯の写真をFacebookに投稿したところ、「あり得ない」「面白すぎる」といったコメントが殺到し拡散中だ。『Global News』『Fox News』などが伝えている。

インディアナ州ジェニングス郡保安官事務所に今月22日、同郡カントリー・スクワイヤ・レイクスに住む女性からちょっと変わった盗難届が出された。

「ジョアン・チルダース(Joann Childers)が私の総入れ歯を盗み、それをはめて街に繰り出しているようだ。」

このジョアンは過去に有罪判決を受けており、盗難届が出された朝は保護観察官 (プロベーション・オフィサー)と面会していた。過去の罪を反省し更生しなければならないはずのジョアンだったが、この日は盗んだばかりのピカピカの総入れ歯をはめて面会に臨んでいたのだ。担当した保護観察官は‟真っ白な総入れ歯がジョアンに全くフィットしていなかった”ことをしっかり覚えており、ジェニングス郡の保安官が24日にジョアンの自宅を訪ねた。

ジョアンの自宅に足を踏み入れた保安官の目に飛び込んできたのは、ジョアンの口の中から外されて部屋の中に置かれていた総入れ歯だった。保安官によると総入れ歯には持ち主の名前が大きく書かれていたそうで、ジョアンは逮捕された。押収された総入れ歯は持ち主に返されたという。

その後、保安官事務所は押収した総入れ歯の写真を「自分の歯がないまま捕まった(#caughtwithoutmyteethin)」「刑務所ではスープを飲むことになるだろう(#illhavejailsoup)」などのハッシュタグをつけてFacebookに投稿しており、ユーザーからは次のようなコメントが寄せられた。

「信じられないニュース。」
「それにしても立派な入れ歯だ。」
「面白すぎる。」
「冗談かと思った。」
「人の入れ歯を入れるって、気分がいいもんじゃないよね。」
「総入れ歯は約35万円(3,200ドル)もするからね。持ち主に返されてよかったよ。それにしても入れ歯を盗むなんて、相当切羽詰まってたんだね。」
「葬儀場にはバケツ一杯分の入れ歯が保管されていて、頼めば無料でもらえるそうよ。本当かどうかはわからないけどね。」

ちなみに“入れ歯”に関する変わったニュースと言えば、2014年に中国で起きたハプニングが挙げられる。四川省在住の85歳の女性が便器に落とした入れ歯を取ろうとして腕が抜けなくなり、4時間後に救出されたのだ。また2017年にはブラジルに住む犬が裏庭で総入れ歯を見つけ、自分の口にはめてニッコリ微笑む写真が拡散した。

画像は『Jennings County Sheriff’s Office 2019年7月24日付Facebook「On Monday July 22, 2019 Deputy Chris Gholson took a report of stolen dentures from a female in the Country Squire Lakes area.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)