総合MCの国分太一

写真拡大

 6月後半に流れた、日本中が心配したジャニー喜多川氏が緊急搬送されたというニュース。6月27日時点でジャニーズ事務所からの公式発表がないため、その実態はまったくわからないままだ。そんな中、放送されたのがテレビ東京系の大型音楽特番『テレ東音楽祭2019』。

【写真多数】ジャニーズたちの素顔、伊野尾のデート、娘の運動会に参加する森田剛ほか

透けて見えたジャニーさんの哲学

 総合MCのTOKIO国分太一のもと、5時間の生放送となる同特番は、今回で6回目。毎回、注目されるのがジャニーズアーティストの豪華な出演陣。今回は、KinKi Kids、V6、、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey! Say! JUMP、A.B.C-Z、ジャニーズWEST、King & Princeの計10組が出演した。

 例年、夏の音楽特番の先陣を切り、かつ、ジャニーさんのことが気になる中での生放送ということもあり、どのようなトーンで番組が展開されるのかも注目が集まっていた。

 番組開始早々、

「こんばんはー! テレ東音楽祭、始まりまーす!」

 という挨拶とともに国分が登場。引きの画面になると、テレビ東京天王洲スタジオ前の運河に、水圧で宙に浮かぶアクティビティー「フライボード」をやっている姿が明らかになった。ほどなくバランスを崩し、落水。それを、運河の岸から見て爆笑するのが、KinKi KidsとKAT-TUNのメンバー。みんな、とても楽しそう。

 自ら身体を張り、ずぶ濡れのまま岸に上がる国分を、

「さすがッス、先輩」

 と称える亀梨和也。堂本光一は、

「カッコいいかどうかって聞かれると、ちょっと答えようがないです」

 といじり、それに対して、

「これがね、俺の仕事なのよ」

 と答える国分に、

「そこがカッコいいです!」

 と光一。剛は隣で終始苦笑。和気あいあい。

 あるテレビ誌記者は言う。

「ヘンに緊張して硬くなっていたり、無理に笑っているような雰囲気は感じませんでした。実際のジャニーさんの様子はまったくわからない状況ですが、その様子からは、光一の舞台『ENDLESS SHOCK』でおなじみのセリフ“SHOW MUST GO ON”がよぎりました」

「SHOW MUST GO ON」とは、ショービジネスの世界では、たとえどんなことが起きても幕は開けないといけないという、ジャニーさんの哲学のような思いが込められたセリフだ。

SMAPのライブ映像も

 パフォーマンスのトップを飾るのは、A.B.C-ZとジャニーズWESTの“スペシャルメドレー”。

「この2組は、昨年も一昨年も番組のトップを飾るのですが、毎回、テレ東の駐車場や局内の通路や倉庫など、いわゆる『ステージ』でないところから届けるパフォーマンスがすっかり恒例となっています。

 今回も、スタジオの玄関先につけた車の中からWESTのメンバーが登場するところから始まり、2組のヒット曲をそれぞれが移動しながら歌うスタイル。A.B.C-Zが移動中、たどり着いた先がスタジオだったので、思わず『ついにスタジオへ!』と声をあげてしまいました(笑)」(前出テレビ誌記者)

 Hey! Say! JUMPは、<テレビ初>という触れ込みのもと、地上296 m、横浜ランドマークタワー屋上からのパフォーマンスという大胆な試みに挑戦。

「テレビ初、というところがジャニーズっぽくていいのですが、場所と天候の関係で、ものすごい強風の中でのパフォーマンスとなってしまいました。Hey! Say! JUMPは、ダンスもウリのひとつなのに、空撮による引きの映像が遠すぎて全体像がよく見えず。さらに、強風による頭髪の乱れ具合など、余計なことのほうが気になるパフォーマンスになってしまいました(笑)。

 あと、番組序盤の18時台に出たA.B.C-Z、WEST、JUMPの3組は、いずれもテレ東で冠番組を持っているんですが、玄関先や空撮で早い時間と、毎回、扱いがある意味ちょっとザツ(笑)。なぜなのか、毎回、気になります」(同)

 今回の目玉のひとつが、嵐のテレ東初登場というもの。とはいっても、Jr.時代に出演していたようで、その“秘蔵映像”が流されながら、デビュー曲『A・RA・SHI』はじめ3曲をメドレーで披露。

「事前収録だったようで、スタジオとのトークなどがまったくなかったのが残念でした。この収録がいつだったのか、メンバーの表情で深読みするファンはいそうですけどね」

 番組ではテレ東のライブラリーをはじめ、過去のドラマやコンサートの映像が流され、その中には近藤真彦や少年隊、光GENJIなどに加え、SMAPのコンサート映像が流された。あるテレビ局関係者が言う。

「SMAPのコンサート映像のワイプ画面に、太一くんが映ったことが驚きのひとつでした。しかも、事務所を去った、中居・木村以外のメンバーが映るシーンにも、太一くんの顔は映し出されたまま。SMAP解散前は、同じ事務所なのにTOKIOと同じ画面に収まらなかったので、体制の大きな変化を感じました」

 ジャニーさんの容体が気になるところだが、変わりつつある事務所の体制とともに、アーティストたちはいつもと変わらぬ笑顔とパフォーマンスをファンに届けてくれた。

 その効果もあってか、番組視聴率も、番組歴代最高(関東地区)を記録したという。今後続く他局の音楽特番では、どのような姿を見せてくれるだろうか。

<取材・文/渋谷恭太郎>