「交流戦、巨人4−2オリックス」(20日、東京ドーム)巨人は、丸がひとりで全4打点をたたき出す活躍。逆転で交流戦5カード連続の勝ち越しを決め、リーグ首位もガッチリ守った。まさに“丸劇場”だった。2点を追う六回、K−鈴木の外角145キロを仕留め、左翼ポール際へライナーで運ぶ12号2ランを運んだ。原監督が思わず「丸ポーズ」を作るほど、高度な技術が詰まった一撃だった。さらに八回、2死から亀井、坂