陰茎が3つある乳児がイラクで発見されたとの報告が、外科専門の医学誌・International Journal of Surgery Case Reportsに掲載されました。陰茎が2つある「陰茎重複症(Diphallie)」はこれまでにも報告されたことがありますが、陰茎を3つ持つ「Triphallia」が見つかったのはこれが初めてのことです。

Triphallia (triple penis), the first reported case in human - ScienceDirect

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2210261220310245

Iraqi baby is first boy ever to be born with THREE penises, doctors claim | Daily Mail Online

https://www.dailymail.co.uk/health/article-9417491/Iraqi-baby-boy-born-THREE-penises-doctors-claim.html

初の「Triphallia」の事例が見つかったのは、イラク・ドホーク大学医学部に「生後3カ月の赤ちゃんの陰のうに腫れがある」と両親が相談したのが発端でした。医師らが男児を診察したところ、問題の腫れの正体は陰茎だったことが判明。会陰部(陰のうと肛門の間)で見つかった2つの過剰な陰茎のうち、1つは長さが約2cmで、1つは約1cmほどだったとのこと。

実際の写真が以下。クリックするとモザイクが外れます。医師の指先にあるのが本来の陰茎で、会陰部にある2つの突起が過剰な陰茎です。

ドホーク大学医学部の医師らは、超音波検査の結果や過去の陰茎重複症の報告を基に、赤ちゃんの過剰な陰茎を切除する手術の実施を決定。過剰な陰茎は2つとも海綿体を有していましたが、尿道は通っておらず施術が比較的単純だったこともあり、手術は無事に終了しました。また、術後1年間の経過観察でも問題は見られなかったとのことです。

陰茎が2つある陰茎重複症を持つ新生児は、500万〜600万人に1人の割合で生まれてくると推測されており、1609年に最初の事例が報告されて以来世界で約100件ほどの実例が報告されています。しかし、陰茎が3つある事例が報告されたのは、これが初めてとのこと。医師らは、非常にまれな症状が発生した理由を調査しましたが、遺伝的異常の家族歴や、妊娠中に何らかの薬物にさらされたという証拠などは見つからなかったため、原因は特定されませんでした。

なおイギリスの日刊紙・Daily Mailによると、今回の症例報告より先の2015年に、インドで3つの陰茎を持つ2歳の子どもが手術を受けたと地元のニュースメディアが報じているとのことですが、医学誌で発表されたものではなかったので最初の事例とはみなされませんでした。

Mumbai: UP boy with three penises operated in Sion hospital

https://www.dnaindia.com/mumbai/report-mumbai-up-boy-with-three-penises-operated-in-sion-hospital-2117051