『週刊ヤングマガジン』7号の表紙を飾るゆきぽよ

写真拡大

 モデルでタレントのゆきぽよ(木村有希・24)が、9日発売の『週刊ヤングマガジン』7号(講談社)の表紙&巻頭グラビアに登場。胸の谷間もあらわにした大胆な水着をまとい、南の島に映える黄金色の髪と焼けた肌を見せつけた。

【写真】素肌にフードをかぶり…ぽってり唇がキュートなゆきぽよ

 令和の最強ギャルクイーンとしてテレビで大活躍中のゆきぽよ。グラビアシーンでも引っ張りだこで、小麦色に焼けた肌と身長158・B80・W65・H92センチのナチュラルなギャルボディで人気を集めている。

 今回はまぶしい太陽&白く輝くビーチ&白い水着という王道シチュエーションで表紙を飾り、ギャル感たっぷりのヘビ柄ビキニではヒップラインをあらわにするなど、アゲアゲカットの連発。ベッドの上で色っぽくカメラを見つめる姿も披露するなど、「2021年もギャルしか勝たん!」なグラビアとなっている。

 また、同号の巻末グラビアには現役女子高生グラビアアイドルの池本しおり(18)が登場。ミニマム×グラマラスボディ=『ミニグラ』の超新星が、話題の絶品プロポーションを存分に披露した。