堤 礼実連載:「華麗なるウマ話」第2回

スポルティーバとフジテレビの競馬中継番組『みんなのKEIBA』とのコラボ企画としてスタートした、堤礼実アナウンサーの連載『華麗なるウマ話』。2回目の今回は、競馬番組に携わるようになってからの、堤アナ自身の成長ぶりなどを語ってもらった――。

◆DAIGOさんのWIN5的中「秘話」はこちら>>


写真提供:フジテレビ

 2017年に『馬好王国〜UmazuKingdom〜』を担当するようになって以来、競馬番組に携わって今年で4年目になりました。

 最初のころは「トモの張りがいい」とか言われても、「どういうこと?」と思っていましたが、今ではその感じがわかるようになってきました。何となく、本当に何となくですが、パドックでの馬の見方が、やっとわかるようになってきた気がするんです。

 細江純子さんから『みんなのKEIBA』のパドック診断だけでなく、オンエアー前にも直接話を聞いたりするのですが、「確かに言われてみたら......」と思えることが多くなってきました。

 もちろん、パドックを見るのは難しいし、誰の解説もなしに自分の目で見てわかるほどではありません。でも、出走馬がパドックを周回しているのを見ていて、「この馬は気分よさそうだな」とか、「厩務員さんに甘えているな」とか。すべてがわかるわけではないのですが、今まではパドックを見ても、頭の中はひたすら「?」マークだらけだったのに、少しずつ馬の状態がわかるようになってきているのかなって思います。細江さんの近くでいろいろ学ばせていただいたおかげです。

 多少なりともそういうことがわかってきて、また一段と競馬が楽しくなりました。前走や前々走の戦績を参考にするだけでなく、パドックの様子も気にしながら応援する馬を選ぶ。それが、面白いんです。

 それなのに、番組のスタッフは酷いんですよ!(笑)。

 私が「今日はこの馬を応援しよう」って決めると、スタッフはたいてい「じゃあ、その馬は切っていいな」って言うんです。私は切っていい理由なんてひとつも言っていないのに......。

 でも、そういうときに私が応援していた馬が好走すると、ちょっとドヤ顔で「だから、言ったじゃん!」って(笑)。鼻高々な感じになります。これからは、どんどん私の鼻が伸びていくことになると思いますよ(笑)。

 競馬番組を担当して4年目ともなると、競馬用語も自然と身についてきました。

 例えば、「最後」を意味する「しんがり」っていう言葉がありますよね。初めの頃は、「しんがり負け」とか、「しんがり人気」と聞いても意味がわかりませんでしたが、今では友だちと話しているときでも、自然と「しんがり」を使ってしまったりして、ポカーンとされることもあります。

 この間も家でストレッチしながら、「なんか筋肉が張っているな」って呟いたら、母に「どこが?」と聞かれて、思わず「トモのあたりが」って(笑)。日常会話の中で、競馬用語を無意識に使ってしまう瞬間が増えてきて、「私、"競馬の人"になってきているんだ」って思います。

 そういえば、競馬番組の担当になった当初、台本に「GI4勝の○○○が......」って書いてあったんです。しかも、GIの「I」が数字の「1」になっていたこともあって、リハーサルの時に間違えて「G14勝ちの○○○が......」と読んでしまって(笑)。佐野(瑞樹アナウンサー)さんからは、G1、G2、G3......と来て、14番目のグレードの"G14"って「どんだけ格下のレースなんだよ!」ってツッコまれました(苦笑)。

 今考えれば、"G14"なんてあるわけないし、間違えることもないと思いますけど、そんなところから、私と競馬の関係は始まっているんですよね。何とか周りのみなさんにご指導いただきながら、競馬用語が自然と口から出るまでになりました。

 私にとって競馬の先生とも言える存在が、細江さんと井崎脩五郎先生。『みんなのKEIBA』では、おふたりの掛け合いが名物になっています。

 おふたりが醸し出す空気感は、まるで夫婦漫才。あれだけお互いが言い合えるのは、本当に素敵な関係性があるからだと思います。あの"バチバチの関係"は、番組を彩ってくれるもののひとつですし、横で見ていても楽しいです。

 それに、細江さんも、井崎先生も、それぞれが競馬を見る確かな目を持っているので、事前にデータと照らし合わせたりしながら、どの馬がいいのかという話をされているのを聞いているだけで勉強になります。

 どちらの予想を信じるかは、あなた次第(笑)。これから秋のGIシーズンに入っていくので、ますます白熱するふたりの舌戦にもご期待ください。

『みんなの夢馬券』のコーナーでは、出演者のみなさんがそれぞれの予想を披露します。ゲストの方も含めれば、誰かしらの予想が的中していることは多いですね。

 ゲストの予想もそれぞれ個性的。出演者全員の予想がそろうことは少ないし、しかも、誰も一番人気の馬を本命に挙げていなかったりして。でも、その理由を聞くと面白くて、妙に納得してしまいます。

 私個人としては、強い馬はもちろんですが、過去に好走していながら、前走で負けていたりとか、人気を落としたりしている馬にも焦点を当てたいですね。

 ずっと調子がいいのはすごいことだけど、好調を維持するのは大変なこと。人間もそうですが、絶対に波はありますからね。そういう情報を伝えることも、競馬番組の役割だと思っています。

 さて、9月を迎えて、いよいよGIの前哨戦が始まります。今年は牡牝ともに無敗の三冠馬誕生の可能性があるので、特に3歳馬のレースが気になります。

 まずは、9月20日のGIIローズS(中京・芝2000m)。二冠馬デアリングタクトは、GI秋華賞(10月18日/京都・芝2000m)に直行するようですが、他にも有力馬が登録しているようなので楽しみです。

 デアリングタクトは、杉山晴紀調教師曰く「オンとオフの切り替えがはっきりしている馬」。強い馬は基本的な部分ができているのだなと、あらためて感心します。彼女は、牝馬の平均以上に飼葉を食べると聞いていますし、三冠達成の可能性は十分あるかも......。

 その前哨戦となるローズSに関しては、個人的にはデゼルに注目しています。春のレースで見ていたこともあって、もともと応援していた馬の一頭ではあったのですが、今回は武豊ジョッキーが乗るというので、私の中ではさらに注目度が上がっています。新馬戦以来のコンビ結成に注目です。

 また、今年のローズSは阪神競馬場に代わって、中京競馬場で行なわれます。距離は1800mから2000mに伸びるし、左回りに変わるので、そのあたりがどう影響するのか。いつもと違うローズSになりそうです。

 翌週の9月27日には、GII神戸新聞杯(中京・芝2200m)が、こちらも中京競馬場で行なわれます。

 二冠馬コントレイルも、ここから始動すると聞いています。春のGI前、そして7月にも取材させてもらいましたし、あれだけ強い馬なので、もし出走するなら全力で応援したい!

 ただ、そうは言いつつも、コントレイルはおそらく1番人気になるでしょうし、私は性格的に穴馬を応援したいタイプなので......、人気薄の馬もこっそり応援させてください(笑)。

 秋のGIシリーズを楽しむためにも、まずは9月のトライアルレースから盛り上がっていきましょう。

Profile
堤 礼実(つつみ・れいみ) 2016年フジテレビ入社。
1993年11月23日生まれ、米国カリフォルニア州サンノゼ出身。
血液型:O型。趣味:ミュージカル鑑賞、ダンス。
好きなもの:東宝ミュージカル、宝塚歌劇、ハプスブルク家、
パクチー、チーズ。
モットー:「一瞬一瞬を大切に」「意志のあるところに道はある」『みんなのKEIBA』(毎週日曜・午後3時00分〜)
★『みんなのKEIBA』公式HPはこちら>>
★『みんなのKEIBA』のTwitterはこちら>>
★堤礼実アナのInstagramはこちら>>