羽田空港に現れた山下。ファンたちは彼をハイヤーまで見届けると、会釈して颯爽と立ち去って行った

写真拡大

羽田空港に現れた山下。ファンたちは彼をハイヤーまで見届けると、会釈して颯爽と立ち去って行った

 12月7日の羽田空港国際線到着ロビー。大勢の旅行客が行き交う中、10人ばかりの中高年女性の集団がいた。彼女たちは身じろぎもせず、到着ゲートを熱いまなざしで見つめている。

 夜11時過ぎ、全身黒ずくめの男が姿を現した。犹P瓩海肇献礇法璽困山下智久(34)である。すると、先ほどの女性集団が一斉に山下のもとへ押し寄せた。

 彼女たちは親衛隊よろしく山下の周りを取り囲み、無言のまま移動する。山下も驚くそぶりはなく、まるで彼女たちが存在しないかのように淡々と歩いていく。

「山Pを出待ちする集団は、『sweetie』と呼ばれる熱心な山Pファンです。彼女たちは公式サイトや山PのSNSなどから仕事のスケジュールを調べあげ、あらゆるところへ出待ちしに行きます。今回、山Pは雑誌の撮影で中国へ行っていたそうですが、この仕事も公式に告知される前から、知れ渡っていました。ファンの間ではいくつか厳格なルールもある。たとえば、山Pに触れたり進路を遮ったりするのは御法度ですね」(山下のファン)

 実際この時も、ルール違反のファンに厳しい制裁があった。何も知らない男性旅行者がスマホを片手に山下の前方に出ると、一人の女性がスマホをパンチ!   続く女性もスマホをパンチして、撮影を強制終了させた。親衛隊恐るべし。

 彼女たちのような熱狂的なファンによって、ジャニーズ帝国は支えられているのだ。

12月13日発売の『FRIDAY』最新号では、ファンに囲まれる山Pの写真をより詳しく掲載している。

詳細の書かれた本誌記事はコチラ