高畑充希

写真拡大 (全2枚)

 ヒットした「過保護のカホコ」から2年、日本テレビの“水曜ドラマ”に高畑充希(27)が帰ってくる。10月9日にスタートする同枠の「同期のサクラ」は、彼女を中心に「カホコ」制作陣が再結集。古巣に戻って、さぞ和気藹々と撮影が進んでいると思いきや、そこには意外な緊張感が漂っているという――。

 ***

「カホコ」では、世間知らずのお嬢様を演じた高畑。「同期のサクラ」では、周囲に忖度できず、夢に向かってまっしぐらの、大手ゼネコンの新入社員、サクラを演じる。離島出身の彼女の夢は、生まれ育った故郷と本土とを結ぶ橋を架けること。ドラマは1年を1話で表現し、夢に向かって突き進むサクラと、それを見守る同期社員たちの、10年間の成長が描かれる。

高畑充希

 日テレ関係者が言う。

「前回の『カホコ』は、高畑にとって初の民放連ドラ主演でした。最終回で視聴率14・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を叩き出し、彼女の人気を決定づけた作品といっても過言ではないでしょう。その『カホコ』の脚本を担当した遊川和彦、プロデューサーの大平太がタッグを組み、制作スタッフも『カホコ』のチームで作られるドラマです。サクラの同期社員には橋本愛(23)や新田真剣佑(22)、上司の人事部長役には椎名桔平(55)と、キャスティングにも力が入っていますから期待も高まるというもの」

 8月5日、高畑の主演が発表された際、彼女はこう言っていた。

〈よく知っているチームの皆さんとやるからこそ、新たに飛び込んでいく勇気を持って作っていけたらいいなと思います〉

橋本愛

 ところが、だ。

「気のおけない仲間と一緒に作品を作り上げていく雰囲気って、見ているだけでも気持ちいいものじゃないですか。それを期待していたのですが、どうも違うようですよ。なんだかギクシャクとしていて、とても彼女の言う“よく知っているチーム”と仕事をしている感じではないそうです」(同)

 その原因は、あろうことか橋本愛だというのだ。

一緒に仕事したくてたまりませんでした

「もちろん、彼女が現場で何かしでかしたというわけではないですよ。彼女は役柄通り、クールに淡々と仕事をこなしています」(同)

 8月28日、サクラの同期社員として橋本の共演が公式に発表された。彼女が民放の連ドラにレギュラー出演するのは、2014年の「若者たち2014」(フジテレビ)以来、実に5年ぶりである。それを事前にスクープしたスポーツ紙は、〈橋本愛5年ぶり連ドラ〉(日刊スポーツ:8月22日付)、〈橋本愛が日テレ系「同期のサクラ」に出演 クールな現代っ子〉(スポーツ報知:同前)などと報じた。

「主演よりも2番手のほうが、話題になってしまったんです。困ったことに、それに高畑が気づいてしまったようで、“なんで主役の私より脇役の女優が話題になるのよ”と」(同)

 高畑はNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」(16年)以来、「過保護のカホコ」、テレビ東京「忘却のサチコ」(18年)、TBS「メゾン・ド・ポリス」(19年)と、立て続けに主演を務めている。橋本が話題になったのは、〈5年ぶり連ドラ〉という一点だ。そこまで気にすることではないはず……。

「実は、『同期のサクラ』の主役に迎えたかったのは、橋本愛だったんです。脚本家の遊川さんと大平プロデューサーは、数年前から彼女にオファーし続けていたんですよ」(同)

 たしかに橋本の共演が発表された際、2人とも熱いコメントを出している。

〈橋本さんとはずっと前から一緒に仕事したくてたまりませんでした。彼女の芝居は、嘘や誤魔化しがなく、少し不器用だけど、いつも真剣だから。(中略)今まで見たことない橋本愛の芝居を引き出したい〉(遊川氏)

〈橋本さんには、何度もラブコールを送りましたが、(中略)高畑充希さんの持つ「溢れ出るようなエネルギー」と橋本愛さんの「秘めたるパワー」が、遊川脚本で化学反応を起こしてくれることを期待してます〉(大平氏)

 すこぶる高い評価である。そこまで言うのなら、彼女を主役にすればよかったのに。

「彼らはこれまでも、賛否両論を呼んだ『女王の教室』(05年、主演:天海祐希[52])や『家政婦のミタ』(11年、主演:松嶋菜々子[45])など、俳優の新たな境地を見出す作品を作り、ヒットさせてきました。今回も橋本で、そうするつもりだったし、そうする自信もあったと思います。しかし今回は、日テレ上層部の判断が大きかったようですね」(同)

テレ朝には負けられぬ

「日テレは今、テレ朝と年間視聴率を巡って鎬(しのぎ)を削っている真っ最中です。特に10月ドラマでテレ朝は、『相棒season18』、『ドクターX〜外科医・大門未知子〜第6期』、さらに『おっさんずラブ2(副題「in the sky」)』まで組み入れた、最強の布陣で挑んできています。日テレとしては、失敗は許されない。そう考えると、5年ぶりのレギュラーどころか、民放の連ドラで主演の経験もない橋本は未知数で、いきなりの主役は荷が重すぎます。一方で高畑は、『カホコ』の実績もあります。そのため、高畑で行くことになったというのです」(同)

 芸能記者は言う。

「橋本は、そういうこと気にするタイプではないと思います。オファーは殺到しているそうですが、ガツガツと仕事をするタイプではありませんし、軸足は映画ですからね。それに年齢も高畑さんより4つも若いんですから。ただし彼女は、若くして評価された。その名を広めたのは、NHK朝ドラ『あまちゃん』(13年前期)で能年玲奈(現在「のん(26)」)演じるヒロインの親友役でしたが、すでにその前年に公開された映画『桐島、部活やめるってよ』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。『あまちゃん』には、演技経験の浅かった能年をサポートする存在として、彼女が起用されたといわれています。それほど演技力には定評がある。だからこそNHK大河にも、『西郷どん』(18年)、『いだてん』(19年)と、2年連続して起用されているのでしょう。むしろ意識しているのは、高畑さんかもしれませんよ。彼女がNHK朝ドラに最初に起用されたのは、『あまちゃん』の後を受けた『ごちそうさん』(13年後期)でしたし、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞したのは、橋本から4年遅れの『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(16年)でしたから」

 いや、意識しているのは高畑本人ではなく、むしろ高畑の事務所のほう――と言うのは前出の日テレ関係者だ。

「『同期のサクラ』は、橋本演じる百合はじめ、花の名前が付いた同期社員たち5人の成長も描かれる。なので、彼らも宣伝に協力してくれたら、これほど心強いことはない。けれども高畑サイドは、『番組の取材は基本的に主役が受けるので、他の出演者への依頼は断ってください』とまで言い出しているそうです」

 どうりで、現場はピリピリムードになるわけだ。

週刊新潮WEB取材班

2019年10月9日 掲載