はしかの合併症で昏睡状態に陥ったイスラエルの客室乗務員の女性が死亡した/Family Photo

(CNN)今年3月にはしかを発症し、合併症の脳炎で昏睡(こんすい)状態に陥っていたイスラエル人女性が13日に死亡した。テルアビブ近郊の病院が発表した。

女性はイスラエル国営エル・アル航空の客室乗務員で、3児の母。同航空によると、3月26日に米ニューヨーク発テルアビブ行きの便に乗務し、31日に発熱した。その1週間後には昏睡状態に陥り、はしかウイルスに起因する脳炎と診断されていた。

イスラエルの保健当局によれば、感染したのが機内だったのか、ニューヨークまたはイスラエル国内だったのかは明らかでない。子どもの頃に一度だけ、はしかワクチンの接種を受けていた。

エル・アル航空は声明で弔意を表し、スタッフに予防接種を受けさせる措置を取ったと述べた。

世界保健機関(WHO)によると、年初から今月7日までに世界ではしかに感染した患者は、疑い例も含めた概算で36万人以上。2017年には5歳未満の子どもを中心に11万人がはしかで死亡した。大半が完治するのに対し、一部の患者だけがなぜ重症化するのか、その理由は明らかでない。

イスラエルと米国ではともに近年、はしかが流行の兆しをみせている。保健当局は、予防接種を拒否する動きが一因との見方を示している。