オリックス−ロッテ戦で死球 西村徳文監督が怒り両軍入り乱れる

ざっくり言うと

  • 1日のオリックス−ロッテ戦で、両軍が入り乱れる一触即発の場面があった
  • 発端は7回のオリ西野真弘への死球で、西村徳文監督が怒りを露にマウンドへ
  • 騒動は西村監督が怒りを収めたことで収束し、退場者などは出なかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング