タイガース戦に先発登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

写真拡大

2回のディクソン、3回のヒックスとソロ2本に泣く

■マリナーズ - タイガース(日本時間27日・シアトル)

 マリナーズの菊池雄星投手が26日(日本時間27日)、本拠地でのタイガース戦で先発し、5勝目を逃した。7回途中2失点と好投したものの、味方打線の援護がなく、リードを許したまま降板となった。

 今季22試合目の先発マウンドに上がった菊池。2回にディクソンに先制のソロを浴び、3回にはヒックスにもソロ本塁打を被弾した菊池。それでも、その後は走者は出しながらも粘り強く投げて点は与えず、7回途中まで2失点と好投した。

 7回もディクソン、キャンデラリオと打ち取ったものの、グッドラムに三塁打を許したところで、スコット・サービス監督がマウンドに。交代を告げられ、6回2/3を投げて85球。7安打2失点で降板となった。マリナーズは7回、マーフィーの10号2ランで同点に追いつき、菊池の黒星は消えた。

 菊池は6月23日のオリオールズ戦で今季4勝目をマークしてから、これで5試合連続で白星なし。1か月以上、白星から見放されている。(Full-Count編集部)