「ワークマンプラス」の関西1号店(ららぽーと甲子園内)

写真拡大

 作業服の高機能性を武器に、低価格のアウトドアウェア専門店を次々と出店して人気絶頂の「ワークマンプラス」。一方、フランス発で世界最大のスポーツ用品店「デカトロン」が3月末に日本初上陸(兵庫県西宮市)し、「ワークマンvsデカトロン」の戦いが注目されているが、ファッションジャーナリストの南充浩氏は、早くもワークマンに軍配を上げる。その理由とは?

【写真】専門家も太鼓判を押すワークマンの注目商品

 * * *
 少し前のことになりますが、3月21日に話題の低価格アウトドアウェア店「ワークマンプラス」の関西1号店が「ららぽーと甲子園」にオープンしました。

 オープン当日は1000人を超える来客数があり、81坪の店舗は入場制限を行ったほど。初日の売上高は約460万円。郊外型の中型ショッピングセンターである、ららぽーと甲子園という施設の性格と、商品単価の低さを考慮すれば上々の数字だといえます。

 ららぽーと甲子園での初年度売上高目標は3億円を掲げており、商品単価の低さと郊外型ショッピングセンターという立地では少々高めの目標設定ですが、仮に460万円ペースで売れ続ければ、計算上では、1年間で10億円を越える売上高になりますから、品薄商品の補充体制が杜撰でなければ、3億円への到達は不可能ではありません。

 一方、同時期に近隣の「西宮ガーデンズ」にはフランス拠点の低価格スポーツ・アウトドアSPAグローバルブランド「デカトロン」の日本1号店がオープンしました。低価格ということとスポーツ・アウトドアということで、メディアは“西宮戦争”と煽っていますが、単純に同等比較することは難しいのではないかと個人的には見ています。

 共通項は「低価格」と「スポーツ・アウトドア」ですが、恐らく消費者には「同ジャンル」のブランドとは映らないのではないかと思います。

 まず商品のテイストが違います。ワークマンは作業服出身で、かたやデカトロンはスポーツ・アウトドア出身です。そのため、ワークマンの商品テイストはシャープな感じがして、デカトロンは色使いがファンシーに映ります。作業服はあくまでも現場で着用するものなので、ファンシーなイメージは敬遠されます。それゆえ、ファンシーな商品が欲しい消費者とは棲み分けされるのではないでしょうか。

 また、デカトロンは外資ブランドにありがちな縫製仕様の品質が低めですが、ワークマンは日本ブランドらしく縫製仕様の品質が高い。ステッチの歪みもありませんし、糸の始末もきちんとされています。

 既存のカジュアルブランドに例えると、ワークマンは「ユニクロ」や「無印良品」的で、デカトロンは「フォーエバー21」的ではないかと感じます。

 アパレル業界のコンサルタントや有力メディアはデカトロンを「黒船襲来」と賛美・警戒していますが、個人的には、フォーエバー21的であるがために、日本ではフォーエバー21と同様の評価を受けるのではないかと見ています。

 フォーエバー21も本格上陸のときには随分と騒がれましたし、そこから数年間は好調に推移していたものの、2019年現在、店舗数は増えないどころか減少傾向にあります。低価格であることは評価されていますが、やはり商品品質は他のファストファッションよりも劣っているため、素材や縫製にうるさい日本の消費者には広く受け入れられなかったのではないかと思われます。デカトロンもそのあたりを改善しないと同様の未来が待っているのではないでしょうか。

 さて、今回のワークマンプラスのららぽーと甲子園店の内見会に出席して、商品の詳細説明を受けました。その中で個人的に評価する商品をいくつかご紹介したいと思います。

 まず、ワークマンプラスの商品は既存の作業服店「ワークマン」に並んでいる商品ばかりで、専用商品を開発したわけではありません。ワークマンに並ぶ商品を抜粋して再編集したのがワークマンプラスとなります。

 そしてワークマンは値下げセールをしません。接触冷感Tシャツが580円、防水ブーツが1500円というように元から低価格ですから、値下げセールをすれば利益が吹っ飛んでしまいます。

 しかし、他の低価格カジュアル店、例えば「ジーユー」や「H&M」、フォーエバー21は値下げセールをしています。売れ残り品を処分するには値下げするのがもっとも簡単な売り方だからです。ではどうしてワークマンは値下げ処分をしないのでしょうか。

 それにはワークマンが作業服専門店だということが切り離せません。作業服もファッション化が進んでいるとはいえ、通常のファッション衣料ほどトレンドは激しく変化しません。それよりも着用者である作業員は気に入った商品なら何回も買い替えたいと考えます。このため、頻繁なモデルチェンジは必要ではなく、2〜3年かけて売り切ることができます。

 一方のファッション衣料品は毎シーズン、デザインを変化させるため、そのシーズンのうちに不良在庫を処分する必要があります。このため、低価格ブランドでもさらに値下げして売り切らなければなりません。

 ワークマンでもっとも注目が高いのはやはり、防水透湿ジャケットの「イージス」シリーズではないかと思います。

 防水透湿というとゴアテックスという素材が有名ですが、何万円もするため、一般消費者にはなかなか手が出せません。ところがイージスシリーズは3900〜5800円と非常に手ごろな価格です。同じ廉価版防水透湿ジャケットであるユニクロのブロックテック(5990円)よりも廉価です。

 防水透湿ジャケットというのは、本来は防水性と透湿性が数字で表記されねばなりません。イージスシリーズは値段によってその機能が違うのですが、例えば、2018年モデルの5800円ジャケットだと、「耐水圧10000mm、透湿度3000g/平方メートル/24h」と明記されています。

 ところがユニクロのブロックテックは透湿度が発売以来今に至るまで明記されていません。防水性についてはかなり高く、実際に台風の日に当方が着用したところ、雨はまったく浸み込んできませんでしたが、透湿性については明記されていないため、どの程度の性能なのかは不明です。イージスの方が価格的にも安いですし、機能性も上回っているのではないかと考えられます。

 もう一つ、新商品として評価したいのが、撥水ジーンズです。綿・レーヨン・ポリウレタン混のデニム生地に後加工で撥水加工を施していますが、生地の触感はまったく加工を感じさせません。それでいて小雨程度なら撥水します。後加工された洋服の多くは、何回か洗濯をするとその効果が失われてしまうものが多いのですが、これは40回洗濯まで可能で、その後もアイロンを当てると、その熱で加工が再構成されて撥水加工が回復するという優れものです。

 以上の二点を擁するワークマンプラスがどこまでシェアを伸ばせるのか──。今後の新商品の発売とともに注目していきたいと思います。