「阪神10−7ヤクルト」(18日、甲子園球場)甲子園が騒然となった。八回2死二塁、ヤクルト梅野が大山に死球。これを受け、真鍋球審は「警告試合」を宣告し、場内アナウンスも行われた。この日は七回に阪神・岩貞がヤクルト・村上に、八回には阪神・加治屋がヤクルト・塩見に死球を与えた。ヤクルトは16日の試合でも、阪神・藤浪から山田、塩見が死球を受けており、計4死球。不穏な空気が漂った直後の、八回裏の宣告