【ワシントン=横堀裕也】米国のトランプ大統領は19日、米国が議長国を務める来年6月の先進7か国(G7)による主要国首脳会議(サミット)について、自身の親族が経営するリゾート施設での開催を断念するとツイッターで明らかにした。「利益誘導だ」との批判の高まりに配慮した形だ。新たな開催場所としては、ワシントン郊外の大統領山荘キャンプデービッドも念頭にあるという。開催場所を巡っては、マルバニー大統領首