22日、テキサス親父の名前で知られている米国の評論家、トニー・マラーノ氏がカリフォルニア州グレンデール市議会で慰安婦像について発言したことが、日本で注目を集めている。写真はニュージャージー州パリセーズパーク市の慰安婦の碑。

写真拡大

2014年10月22日、テキサス親父の名前で知られている米国の評論家、トニー・マラーノ氏がカリフォルニア州グレンデール市議会で慰安婦像について発言したことが、日本で注目を集めている。

【その他の写真】

テキサス州在住のトニー・マラーノ氏は現地時間21日、グレンデール市議会のパブリックコメント制度を利用し、同市に設置されている慰安婦像は日本を侮辱しているものだと発言した。この報道に、日本では感謝を述べるコメントが書き込まれている。

「素晴らしい!ありがとう」
「テキサス親父さんに感謝する」
「敬服」
「自分たちのふがいなさを思い知った」
「ありがたいけど、日本人が直接戦っていないのが情けない」
「涙が出た。本当にありがとう」
「鳥肌が立った」

「外務省もこのくらい仕事をしてほしい」
「ありがとう。本当は官僚や政治家がやることだが」
「慰安婦像はヘイトモニュメントだ」
「ノーベル平和賞に推薦」
「募金はどこに振り込めばいい?」
「アメコミヒーローみたいな人だな」(翻訳・編集/Yasuda)