飛び出した男性からコーラを差し出される伊勢谷友介被告(右)

写真拡大

 9月8日に大麻取締法違反(所持)の罪で逮捕、起訴された俳優の伊勢谷友介被告(44)が30日夜、勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈された。保釈保証金は500万円。29日の起訴後に弁護人が保釈を請求し、東京地裁が30日に認める決定を出した。黒のスーツ姿の伊勢谷被告は「ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」と約4秒間頭を下げた。

 伊勢谷被告が保釈され、待ち受けていた車に乗り込もうとする直前、白いTシャツ姿の一般人男性が、突然、伊勢谷被告に駆け寄り、コーラの入ったペットボトルを突きつけた。男性は警察官に取り押さえられ、そのまま伊勢谷被告と“入れ替わり”の形で湾岸署内に連行された。男性は警察官に連行される際、「お願いしただけなんですけどね。これって犯罪じゃないですよね」などと話していたという。