【タケイマコト】WindowsやMacより「Chromebookがテレワーク最強」な理由 「安いだけ」ではありません

写真拡大 (全8枚)

「Windows」でも「Mac」でもない、Googleが作ったパソコン「Chromebook」をご存じしょうか?

日本ではマイナーな存在ですが、コロナ過によるテレワークの浸透もあり、注目度が高まっています。時流に乗ってChromebookの出荷台数も飛躍的に増加、「DigiTimes」によれば4月だけで460万台を記録。2019年に1,700万台だった出荷台数はさらに増えて年間2,000万台に届く勢いです。

日本でも、神奈川県が県立高校全144校にChromebookを導入、大手家電量販店(ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ケーズデンキ)でも販売するなど、その人気はうなぎ登りとなっています。

本稿では、そんな「Chromebook」について解説、「Windows」や「Mac」との違いやメリット、テレワークパソコンとして魅力を紹介していきます。

Chromebookとは?

Chromebook(クロームブック)は、Googleが開発した「Chrome OS」という独自のOSを搭載したパソコンです。世界では2011年に Google が発売を開始、日本では2015年に発売をスタートしました。

2015年までは「Chromeブラウザ」だけを搭載、ブラウザでの作業に特化したパソコンでしたが、2017年からは「Android アプリ」にも対応。タブレットライクにも使えるようになりました。

見た目はこれまでのパソコンと同じですが、タブレットの使い勝手も取り込んだ「いいとこ取り」をした新しいタイプのコンピューターといえます。

見た目は普通のパソコンと全く一緒

WindowsやMacとなにが違うのか?

Chromebookは、これまでのパソコン(WindowsやMac)とはちょっと仕組みが違います。どのようなことが違うのか? 説明していきます。

■作業は基本的に「ブラウザ上」で行う

ChromebookがWindowsやMacと一番異なるのが作業するスペースの考え方です。

作業は基本的に「ブラウザ上」で行います。これまでのパソコンにあった「デスクトップ」という概念がありません。

例えば「Windowsで計算資料を作りたい」となったときは、スタートメニューやデスクトップのショートカットからExelを起動して編集しますが、Chromebookではブラウザ上のアプリを利用して編集を行います。

以下は実際のChromebookのデスクトップ画面です。一切アプリのショートカットやファイルは置けないようになっています。

Chromebookの画面。デスクトップにアイコンやファイルは置けません。

アプリのランチャー画面はありますが、すべてブラウザのショートカットになっています。

アプリのランチャー画面。クリックするとブラウザが立ち上がる

例えばWindowsパソコンでいうところのExcel(=スプレッドシート)をクリックすると、以下のようにブラウザが起動。ブラウザ上で作業を行います。

アプリではなくスプレッドシートのWEBサイトが開く

他にもWord(=Googleドキュメント)、PowerPoint(=Googleスライド)のファイルを編集するときも同様です。

作業はすべてブラウザ上で行うところが、これまでのパソコンとは大きく異なる点といえます。

■データはすべてクラウドに保存される

作業は基本的に「ブラウザ上」で行う仕組みのため、データも自動的にすべてクラウドに保存される仕組みとなっています。

「Windows」や「Mac」でも作業したファイルなどはクラウドに自動保存されるようになってきましたが、あくまでもローカルがメイン。編集したファイルは「MyDocument」などに保存されます。

これに対して「Chromebook」では作業中のドキュメント、ブラウザの閲覧履歴やブックマークなどあらゆるものがクラウドに保存されます。ローカルには一時的に保存したファイルが置かれるだけです。

そのため、同じアカウントであればどの端末から入っても同じ環境となるよう設計されています。

Chromebookはクラウドに保存された自分専用のデスクトップにアクセスするための箱と考え得ると理解しやすいですね。

■Windows・Mac用アプリは使えない

データがすべてクラウド保存される仕組みの裏返しとして、ユーザーはソフトウェアを自由にインストールできないようになっています。

なのでビジネスで定番なマイクロソフトの「Word」「Excel」「 PowerPoint」も「Chromebook版」というのは用意されていません。どうしても使いたい場合は、マイクロソフトが用意しているブラウザ版か、後述するAndroidアプリで代用する必要があります。

今後、Windowsが動くアプリも発売予定ですが、法人限定でハードルも高いです。

参考:Parallels Desktop for Chromebook Enterprise

■一部のAndroidアプリが使える

逆にユニークなのが「Androidアプリ」をインストールできることです。

Androidoスマホと同じ「Playストア」が標準で搭載されており、同じアプリをインストールできるようになっています。共にGoogleが開発しているからこそできた仕組みといえるでしょう。

近頃はスマホアプリでしか使えないサービスというのもでてきました。そういった場合 Windows やMacではあきらめるしかありませんが、Chromebookなら対応可能な場合もあります。

アプリは限られるがAndroidアプリも利用可能

■ChromebookとWindows/Macの違いを、おさらい

基本的にOSがまず異なり、その上で作業スペースが「ブラウザ」か「ローカル」かで大きく異なります。データの保存も同様です。

アプリについてはパソコン向けアプリのインストールができない代わりに、Androidアプリが使えるのが違いです。

テレワークで「Chromebook」をオススメする理由

ここからは、なぜテレワークパソコンに「Chromebook」がオススメなのか、おすすめするワケをこれから説明していきます。

■起動が瞬時、作業にスグ取り組める

「Chromebook」はOSがシンプルにできている分、起動が非常に早いです。電源オフの状態からでも10秒前後で作業開始できるほど。

どんなときでも思い立ったらすぐ作業に取りかかれます。

テレワークでは、ちょっとしたスキマ時間でサッと開いてすぐ作業できるのは非常に大事です。この点、Chromebookはあっという間。これまでのパソコンのように使っているうちにどんどん重くなってしまうこともありません。

■紛失や故障があっても安全・安心

また、テレワークパソコンにとって大事なのはセキュリティーです。 この点もChromebookなら安全、安心して使えます。

先程も説明したとおり全てのデータはクラウドに保存されるのでパソコンをどこかに置き忘れてもデータが流出するという心配はありません。

また使っているパソコンが壊れたとしても、別のChromebookでログインし直すだけでオーケーです。新しいモノを買ったとしても30分あればいつもの環境にアクセスし直すことができます。

いきなりパソコンが壊れたとき「かけがえのないデータをどう救うか?」というのは深い悩みですが、Chromebookなら安心です。

持ち運ぶことが多いテレワークパソコンにとってデータの損失リスクを減らせるのは大きな魅力といえるでしょう。

■システムのアップデートで仕事が止まらない

テレワークパソコンでは安定して使えるのも大事です。大事な仕事中にいきなり使えなくなってしまっても困りますよね。

この点もChromebookなら安心。パソコンが止まる悩みで多いのが「OSのアップデート」ですが、Chromebookならかぎりなく時間を短くすることが可能です。

Windowsと同じくOSのアップデートは毎月ありますが、かかる時間は毎回「1〜2分」といったところ。非常に短時間ですみます。更新ファイルのダウンロードやインストールもバックグラウンドでされるので、作業の邪魔にもなりません。

アップデート後のトラブルが少ないのもまた魅力の1つ。OSをアップデートした、いきなりブルースクリーンになるとか、カーネルパニックが起きて再起動ループにハマるようなことも皆無です。

システムがシンプルな分、トラブルが少ないのは優れているところだといえます。

*     *     *

「Chromebook」は「Windows」や「Mac」と仕組みが違うので万人向けのパソコンとはいえません。とはいえブラウザ上の作業なら「Chromebook」のほうが、より快適かつ安全に作業ができます。

そして何よりChromebookは安いです。エントリーモデルなら3万円前後。もはやスマホより安く買えてしまう状況です。

「とりあえずWndowsを買おう」

と考える前に一度、Chromebookを試してみてください!