「ANZEN漫才」みやぞん

写真拡大

 お笑いコンビ「ANZEN漫才」の、みやぞん(35)が9日放送のTBS「櫻井・有吉THE夜会」(木曜後10・00)に出演。後輩芸人たちと食事に行った際、全員に1万円を配る理由について語った。

 この日は、みやぞんと、後輩芸人たちがゲスト出演。その中で、お笑いコンビ「ジュウジマル」の2人から「みやぞんさんと面識のない後輩芸人7人でご飯に行った時、終電があるのに『タクシーで帰りな』と、初対面の芸人全員に1万円を配ってくれました」という、“太っ腹”エピソードが明かされた。

 後輩芸人と食事に行く際は、場所、時間を問わずタクシー代として1万円を渡すというみやぞん。その理由を「昔とか、社長さんにキャバレーとかに連れて行ってもらって深夜2時、3時に『はい、さようなら!』ってあるじゃないですか。その後、『どうやってお金ないのに帰るんだろうな』っていうのを経験したもんですから」と、自身が経験したことを後輩たちにはさせないようにいたいとし、「ちゃんとタクシーで帰ってほしいなっていう気持ちがあります」と語った。

 さらに、お笑いコンビ「キャイ〜ン」のウド鈴木(50)の名前を出して、「あと、ウドさんがしょっちゅう配ってるんもんですから、僕もそれ見て配ってるのかもしれない」とも説明した。