韓国の15歳ユ・ヨン【写真:Getty Images】

写真拡大

ロンバルディア杯で3位表彰台、海外メディア「実にスペシャルなタレントだ」

 フィギュアスケートのロンバルディア杯は14日(日本時間15日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の15歳ユ・ヨン(韓国)が130.42点をマークし、合計200.89点で3位に入った。韓国待望の新星に対し、海外メディアも「実にスペシャルなタレントだ」「彼女が君臨する時代が始まった」と称賛している。

 キム・ヨナの後継者として期待の15歳が、国際舞台で堂々と演じ切った。白の衣装に身を包んだユ・ヨンは前日のSPで成功させた3回転アクセルに挑戦。ややバランスを崩したが、転倒することなく、着氷した。続く3回転ルッツ、3回転ループはしっかりと成功。以降も果敢に攻め抜いて演じ切ると、会場のファンから大きな拍手が注がれた。

 ルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が展開するスケート専門メディア「インサイドスケーティング」公式ツイッターは「ユ・ヨンは実にスペシャルなタレントだ。彼女の持つ優雅さ、ジャンプ、音楽性には驚かされた。驚かせた。彼女の腕(の使い方)もまた、類まれな宝だ」と称賛。「彼女が君臨する時代が始まった――我々はそれを確信している」とまでつづった。

 SPでは同じ2004年生まれのアンナ・シェルバコワ(ロシア)を上回り、2位につけたユ・ヨン。可愛らしいルックスでSNSで私服姿を公開すると「かわいすぎる」と日本のファンからコメントが届くなど、人気は根強い。日本とロシアが強さを発揮している女子戦線において、割って入るような存在になるか。成長の余白はまだまだ残されている。(THE ANSWER編集部)