2019年度の最低賃金の引き上げについて話し合う労働局の審議会が東京と神奈川で開かれ、いずれも国の審議会が示した目安どおり時給で28円引き上げるとする答申をまとめた。NHKニュースが報じた。

それぞれの労働局は8月20日まで答申に対する異議申し立てを受け付け、異議がなければ最低賃金は10月から引き上げられ、全国で初めて1000円を超えることになる。

東京地方最低賃金審議会の都留康会長は「1000円を超えたのはかなり大きな変化で、労働者にとって生活のベースアップにつながる。経営者側は経営の悪化につながらないよう工夫してほしい」などと話している。

最低賃金 全国初1000円超に 東京 神奈川 10月から(NHKニュース)