WHO、エボラ出血熱の流行で緊急事態を宣言「国際的な懸念」

ざっくり言うと

  • WHOは17日、コンゴ民主共和国におけるエボラ出血熱の流行に関して発表
  • 深刻化する現状に「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言した
  • 同国および同地域で「拡大するリスクは非常に高い」との見解を示した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング