母親が長女殺害 死因は首切った「失血死」

写真拡大

11日、広島県府中市で母親が21歳の長女を殺害した事件で、死因は首を切られたことによる「失血死」であることがわかった。

殺人の疑いで11日に逮捕された広島県府中市の無職・上田亜矢容疑者(49)は13日朝、広島地検福山支部に身柄を送られた。

上田容疑者は11日午後2時頃、自宅で無職の長女・佳奈さん(21)を刃物で切り付け殺害した疑いがもたれている。司法解剖の結果、死因は「失血死」で首の刺し傷などが致命傷だったことがわかった。

上田容疑者は「家族の中で悩みを抱えていた」と話しており、警察が犯行のいきさつや動機を調べている。