宮迫博之(右)と入江慎也

写真拡大

 お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之が11日夜にMBSラジオで放送された「アッパレやってまーす!」(火曜、後10・00)に出演し、カラテカ入江慎也の仲介で振り込め詐欺グループの忘年会に出席したことについて「本当に、ただただ申し訳ない」と猛省して謝罪するとともに、入江が詐欺グループとは知らなかったことは「絶対の事実」「個人としての関係性は変わらない」と信頼していることを述べた。

 宮迫は「5年前のことなんですけど、本当にお騒がせしておりまして…本当にただただ申し訳ないという…。応援してくれているリスナーの皆様にも本当に申し訳ないなと心より思っております」と謝罪。

 「一睡もできません」とし、「5年前のことで明確な記憶があるかというとそうではないですけど、断片的につながっている部分もある。行ったのは事実です。間違いないです。反社会勢力の方が関係している所に行ったのは間違いなく事実です」と認めた。

 ただ、実態については知らなかったとし、入江についても「仲介になってしまった入江くんも長い付き合いでよく知っている。あいつが知らないっていうのも絶対の事実で」と“絶対”を強調して述べた。「ただ、あいつもめちゃめちゃあほなんです。けど、めちゃめちゃええやつなんです。すごい純粋なので、そこをつけ込まれてだまされたのかもしれないですけど」と入江を思いやりつつ、すきがあった可能性にも触れた。

 さらに宮迫は「入江くんは解雇になって会社を辞めてしまったけど、個人としての関係性は変わらない。みんなでなんとか頑張って、皆さんの役に立てるように頑張っていきたい」と誓った。