生前見積

写真拡大

漫画本やアニメのフィギュアなどサブカルチャー好きのマニアを対象にした「生前見積」が、SNS上で注目を集めている。

手がけるのは、大手古物商「まんだらけ」(東京都中野区)。同社によれば、主に50〜60代の男性が利用し、1500万円の査定額を出した例もあった。

「今の時代にマッチしたサービス」

「生前見積」は、一般のツイッターユーザーが2019年3月12日、「ついに来たか...」と紹介して話題となった。

投稿は1万6000以上もリツイート(拡散)され、「今の時代にマッチしたサービス」「これは確かに需要伸びそう」と好意的な反応が相次いだ。

まんだらけ広報部は13日、J-CASTニュースの取材に、同サービスは16年4月に開始したと話す。

「1980年の創業当時からまんだらけを利用されているお客様の年齢も高くなり、コレクションの整理や行く末についてご相談をいただく事が増えてきたことがきっかけです。コレクターの方の心配する自分が集めた物の行く末に対する不安が少しでも解消できればとの思いから始めました」(担当者)

主な利用者は50〜60代の男性が中心で、最近では40代の相談も増えているという。1960年代生まれは、いわゆる「オタク第一世代」と呼ばれ、終活を見据える層を上手く取り込んだ形だ。

担当者によれば、利用者は月平均で3、4件。見積額は20〜50万円ほどで、最高は1500万円にのぼった。「査定された方からは、見積もりを出したことで安心しました、家族にコレクションの価値を知ってもらえて嬉しかった、というご感想を頂く事が多いです」

「オタクのための黒歴史抹消計画」も

コレクションだけでなく、「データ」の整理も扱う事業者がいる。坂口司法書士事務所(愛知県春日井市)では、死後に向けてSNSなどのデータ消去や、コレクションの処分、寄贈、売却を代行するサービス「オタクのための黒歴史抹消計画」と、コレクションを友人に譲渡する「オタクのための戦友に託す黒歴史抹消計画」を展開する。

司法書士事務所としては「異例」のサービスとして16年10月に始まった。代表の坂口誓哉さんは取材に、「小職自身がオタク気質(と濁していますが、オタクです)ということもあり、オタク仲間との会話で死後について少々気になっていたところ、ツイッター等で自分の死後、友人に託すためにこんなものを作った等を目にしたことから、利益度外視でサービス内容を検討しはじめました」という。

現在、「オタクのための戦友に託す〜」をメインに展開し、費用は5万円。問い合わせはあるものの、利用者はまだいないそうだ。坂口さんは、まんだらけの「生前見積」も踏まえ、「多くのオタクがさまざまなサービスを選ぶことができるようになってきているのは、とても嬉しく思います」とコメントした。

(J-CASTニュース編集部 谷本陵)