吉澤ひとみ被告への執行猶予5年は「ほぼ実刑」の意味合いか

ざっくり言うと

  • 11月30日、吉澤ひとみ被告に懲役2年、執行猶予5年の有罪判決が言い渡された
  • 「執行猶予5年」とは「刑務所の塀の上を歩いているようなもの」と元検事
  • 「『実刑にしてもよかったんですよ』という地裁の気持ちの表れ」と説明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング