高知東生被告 保釈から一夜明けるも自宅には戻らず

ざっくり言うと

  • 覚せい剤取締法違反の罪で起訴された高知東生被告が保釈された
  • 保釈から一夜明けた30日、夕方までの時点で自宅には戻らなかったとのこと
  • 自宅前に多くの報道陣が詰めかけたが、屋内には人がいない様子だったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング