【識者の目】日本にとっては格上相手に自信を深める勝利、森保監督の決断も奏功日本代表(FIFAランキング24位)は、9月23日にデュッセルドルフ・アレーナでアメリカ代表(同14位)と対戦し、2-0で快勝した。かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップ(W杯)を6大会連続で取材した英国人記者のマイケル・チャーチ氏は「新鮮だった」と驚きを露わに