大音量のハウスミュージックと、ミラーボールが放つ光の筋が降り注ぐダンスフロアで、大勢の男女が大波のように揺れている。その脇のらせん階段を上がると、屈強なセキュリティー(警備員)が行く手を塞いでいた。その先にあるのは、クラブ関係者やイベント主催者など、特別な人しか入ることが許されないVIPフロアである。

【別写真】ASKA、メガネをかけて神妙な表情を見せる

 芸能人は“顔パス”だ。セキュリティーも心得たもので、彼らに身分証を要求するなどして、気分を害されたら大事になる。

 VIPフロアには黒い革張りのソファが並び、吹き抜けとなっていて下のダンスフロアで踊る“一般人”を見下ろすことができる。まさしく、選ばれたメンバーだけの特別な空間。目の前で直径2mはあろうかという巨大なミラーボールが不規則に回り続ける。

 フロアに入るとすでに飲み始めている友人が自分に気づき、嬌声をあげた。

 吹き抜けから下界を見下ろしながら、恋人と、東京の夜を知り尽くしたかっこいい遊び人の友達と、まず駆け付けにシャンパンで乾杯。背の低いソファに腰かけて仲間同士盛り上がる者、VIPフロアで踊る者もいる。ここでは全員が知り合いで、何をしても許される。

 DJがダンスミュージックを爆音でかけ、ゲストが酒と踊りに耽るクラブには、大きく2種類あるといわれる。

 若い男女が出会いを求めて集まる場所を「ナンパ箱」という。フロアは積極的に女性に声をかける男性と、声をかけられるのを待つ女性であふれている。流れる音楽にはそこまでこだわりがない。

 一方、純粋に音楽を楽しみたい人が行くのが「音箱」だ。年齢層が少し高めのオトナの男女が集い、音楽性を追求する“業界人”も多い。その中でもVIPフロアには、カネと人脈を持つ者たちだけが集まっている。もっと楽しみたい、もっと感覚を研ぎ澄ませたい、もっと狂いたい──欲望が加速していくと、特別な「アイテム」に辿り着く。それがドラッグだ。

 盛り上がっているみんながやっている。「これ、いいよ」と手渡された1錠。シャンパンとVIPフロアにいる高揚感の中で、その誘惑にあらがえるのか──。

◆沢尻が持っていたのは通称「ピュア」

 沢尻エリカ(33才)は11月16日土曜日の早朝、自宅に合成麻薬「MDMA」を所持していたとして、警視庁に麻薬取締法違反容疑で逮捕された。その前夜、沢尻は「音箱」として知られる東京・渋谷のクラブ「W」であったパーティーに参加し、4階のVIPフロアで朝まで飲み明かした。沢尻の知人は「連日のNHK大河ドラマの撮影で忙しかったが、その翌日はたまたまオフだった」と明かす。帰宅と同時に捜査員の職務質問を受け、家宅捜索の結果、自宅から2つのカプセルに入ったMDMAが発見された。

 メチレンジオキシメタンフェタミン、いわゆるMDMA。強い幻覚作用と興奮作用を併せ持つ麻薬で、経口服用の錠剤型が多用される。「エクスタシー」「バツ」などの通称で知られ、対人親密感や共感、性的感覚が興奮する効果があるという。

 薬物犯罪を取り締まる厚労省・警視庁などの統計によると、MDMA押収量はピーク時の2007年で約127万錠あったが、2014年は608錠まで落ち込んだ。しかし近年は再び急増傾向にあり、2018年は前年の4倍となる約1万2300錠が押収された。違法薬物に詳しいジャーナリストが話す。

「沢尻容疑者が所持していたのは錠剤ではなく、粉末状でした。これは最近、日本でも流行っている通称『ピュア』。MDMAの良質な成分だけを結晶させたものです。これを風邪薬などのカプセルに入れて経口摂取します。

 ピュアの効き目は2時間くらいで、副作用が少ないとされます。一度の使用量は0.1g程度で、末端価格は3000〜5000円。どれだけお酒を飲んでいても一発でシラフに戻れて、ハイテンションな状態を保てるとされます」

 沢尻は警察の調べに対し、MDMAは交際相手から10月中旬のイベント会場でもらったと供述。さらに、沢尻は大麻、LSD、コカインを10年以上前から使用していたとも話しているようだ。

「沢尻がペラペラと余罪をしゃべるのは、“いろいろ自分は経験したが、覚せい剤だけはやってない”ということを暗に言いたいんでしょう。

 覚せい剤は中毒性が高く、人間として堕落する印象がある。注射器で体に刺すことのイメージも悪い。それに比べ、大麻やMDMAはファッション感覚。“おしゃれなドラッグ”をやって、ちょっとアンダーグラウンドな自分に酔っている部分もあるのでしょう」(前出・ジャーナリスト)

 さらに沢尻は、「有名人が薬物事件で逮捕されるたびに、私も危ないんじゃないかと注意していた」という趣旨の供述をしているという。なぜそのような危機感を持ちながら、10年以上も薬物を使用し続けていたのか。

「やっぱり芸能人はカネを持っているし、格好のカモ」と言うのは、違法薬物の売買にかかわったことのある暴力団関係者だ。

「芸能人が逮捕されるたび、薬物に手を染めた理由は、“浮き沈みの激しい芸能界のプレッシャーに耐えられなくて”とか、“心の寂しさを埋めるため”とか言われます。かわいそうと同情する人もいる。

 でも、厳しい世界で働いてる人なんて、ほかにもいくらでもいませんか? そんなの言い訳にもなりませんよ。

 彼らをクスリに走らせるのは、特権意識です。一般人が乗れないような外車に乗るのと一緒。自分は“特別な存在”で、一般人とは感覚が違う。芸能人やるならクスリぐらいやってもいいでしょ。そうやって正当化するんです。

 彼らは周りからちやほやされて、多少のわがままなら許される環境にある。常に自分が特別扱いされているから、どんどん麻痺していく。ああ、自分は何をやってもいいんだって。ある意味、カネを持ってて、勘違いしているから、“いいお客さん”なんですよ」

※女性セブン2019年12月19日号