『凶悪』 (C)2013「凶悪」製作委員会

 ある死刑囚の証言をもとに雑誌ジャーナリストが未解決の殺人事件の真相を暴き、真犯人の逮捕へと導いたノンフィクション「凶悪−ある死刑囚の告発−」。この事実を原作に、異色の豪華キャストで映像化された社会派サスペンス・エンタテインメント『凶悪』が、9月21日より公開となる。

 出版社の記者として働く藤井修一は、上司から東京拘置所に収監中の死刑囚・須藤純次から届いた手紙を渡され、話を聞くよう命じられる。面会室で藤井と向かい合った須藤は「私には、まだ誰にも話していない余罪が3件あります」と話しはじめる。須藤によれば、三つの事件全ての首謀者は「先生」と呼ばれる不動産ブローカーだという。須藤は事件を記事にしてもらうことで、真犯人である「先生」を追いつめたいというのだ。 上司からは「当たり前すぎて記事にならない」と取材を止められた藤井だったが、須藤に「舎弟の弔い合戦であり、復讐です」と強く懇願され調査を進めることに。関係者への取材を続けるうち、藤井は須藤の告発に信憑性があることに気づきはじめ、取り憑かれたように没頭していくが…。

主人公のジャーナリスト・藤井を演じるのは日本映画界屈指の若手俳優であり、『ミロクローゼ』主演などで海外からも注目を浴びる山田孝之。徐々に狂気に帯びてゆく藤井の変貌を、鬼気せまる迫力で演じ切った。死刑囚・須藤役には、電気グルーヴのピエール瀧。俳優としてはNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」のすし屋の大将役でおなじみだが、本作では打って変わり、親分肌を覗かせるヤクザを好演。また、ドラマの鍵となる「先生」役にはリリー・フランキー。是枝和裕のカンヌ国際映画祭コンペ作品『そして父になる』で高い評価を得た彼が、良き家庭人の顔を持つ狡猾な殺人者を巧みに演じた。その他、池脇千鶴、白川和子、小林且弥ら実力派俳優たちが物語を彩っている。

本作の原作となった、ノンフィクション「凶悪−ある死刑囚の告発−」を3名の方にプレゼント。映画版とはひと味ちがう、生々しい事件の真実が記されたベストセラーだ。

『凶悪』は、9月21日(土)より新宿ピカデリーほか全国公開

プレゼント概要

『凶悪』原作本(新潮45編集部編「凶悪―ある死刑囚の告発―」 新潮文庫刊)

当選人数   3名様

※本プレゼントは、終了しました※

【応募期間】
9月20日(金)〜 10月21日(月)15時まで
※当選者には、ツイッターのDM(ダイレクトメッセージ)でご連絡いたします。

【応募条件】
・日本に居住されている方(賞品配送先が日本国内の方)。
・応募に関する注意事項に同意いただける方。

【注意事項】
※本キャンペーンに関して、弊社が不適切な行為がされていると判断いたしましたアカウントは、キャンペーン対象外とさせていただきます。
※弊社は、応募いただいた方のツイート内容には一切の責任を負いません。
※当選発表は、当選者様への当選のご連絡をもってかえさせていただきますので、ご了承ください。
※当選通知後、2日間ご連絡がない場合は、当選を無効とさせていただきます。
※当選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。
※当キャンペーンの掲載内容や条件は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※当選の権利の譲渡はできません。
※キャンペーン参加にあたっては、必ず弊社個人情報保護方針「プライバシーポリシー」をお読みください。
※当選時にご連絡いただく住所、氏名、電話番号は、その確認などの関連情報のご案内のみに使用し、キャンペーン終了後は弊社の定める方法に基づき消去いたします。
※インターネット通信料・接続料およびツイートに関しての全ての費用はお客様のご負担になります。
※次の場合はいずれのご応募も無効となりますのでご注意ください。
 ・応募時の内容に記載不備がある場合。
 ・お客さまのご住所が不明、または連絡不能などの場合。

作品情報


『凶悪』 - 公式サイト