第65回カンヌ国際映画祭の各部門の出品作品が2012年4月19日(現地時間)、公式サイトで発表された。

日本からは、若松孝二監督の「11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち」が「ある視点」部門に、秋野翔一監督の「理容師」が「シネフォンダシオン」部門に、それぞれノミネートされている。

また、三池崇史監督の「愛と誠」が「ミッドナイトスクリーニング」部門で上映される。