左から宮澤佐江、藤江れいな、倉持明日香(撮影:野原誠治)

 2008年10月に発売したシングル「大声ダイヤモンド」が、自己最高となるオリコン初登場3位を記録したAKB48。2005年12月の活動開始から3年が過ぎ、AKB48から巣立っていくメンバーも現れる中、3月4日には卒業をテーマにした通算11枚目のシングル「10年桜」を発売。選抜メンバー20人より、チームK結成当初からのメンバーである宮澤佐江、2008年3月に研究生からメンバーへと加入した倉持明日香(チームK)と藤江れいな(チームA)の3人に話を聞いた。

――倉持さんと藤江さんは、研究生から加入してちょうど1年になりますが、加入前と後とで変わったと感じることはありますか?

倉持明日香(以降、倉持):あっという間です。1年経ってないような感じがしますね。研究生よりも正式メンバーになった時の方が、公演でも自分のポジションや衣装があったり、責任感がすごく強くなりましたね。

藤江れいな(以降、藤江):公演でも、前のひまわり組の時は、ダブルキャストとして佐江ちゃんとやらせてもらってたんですけど、今は自分のポジションとしてもらえているので、研究生の時よりも自分の居場所があるというか。

――宮澤さんは、2006年のチームK結成当初からメンバーとして活動されていますが、AKB48としてこの2年間で変わったと感じることはありますか?

宮澤佐江(以降、宮澤):かれこれ2年…早い(笑)。やっぱり私達チームKの前に、チームAさんがいたわけで。本当にチームAさんのおかげで、今こんなにAKBが色んな人に広まってると思ってるんです。それでもKが出来た時は、まだまだAKBが知られてなかった方だと思うし、最初は「アキバフォーティエイト」って言われてたんですけど、この1年で「エーケービーフォーティエイト」ってちゃんと言ってくれる人が本当に周りで多くなったなって。

あと「AKB48の歌知ってる?」って聞いたら、前は「会いたかった」だけだったんですけど、「大声ダイヤモンド」とか「桜の花びらたち」とか「BINGO!」とか、結構そういうのを知ってくれてる方が本当に増えたなって、この1年を振り返ってすごく思うことが多くて。それだけ今、人数が増えて、人に見られるってことを多分みんなが意識し始めたから、きっとこうやってどんどん広がっていってるんだな、っていうのは一緒にメンバーとしてやっていて、すごく実感しています。

――メンバーが40人以上、研修生を含めるともっといるわけですが、年齢や加入時期などで体育会系な上下関係はあるんですか?宮澤:どう?

倉持&藤江:えー、そんなに。

宮澤:多分、まだ研究生からチームに昇格したメンバーは、明日香とか一緒のチームでメッチャ慣れてるし、全然普通にしゃべるんだけど、やっぱりチョイチョイ敬語が混じってたり、「なんとかさん」って言ったり。でも、それは多分「明日香、変えて」って言っても絶対変えないとは思うし、入ってきた時からそうやって言ってるという自分の中の何かがあると思うんです。でも、最近は「遊びに行こうよ!」とか「あれ買ってよ!」とか言ってきてくれるので全然。それだけ今、親しくなれて本当に嬉しいなという。

――何ですか、「あれ買ってよ!」っていうのは?宮澤:「何かお菓子買ってよ〜」「お土産買ってきてよ〜」みたいな(笑)。

倉持:私の方が、年上なんですけど(笑)。

宮澤:でも全然、そういう風にすごく仲良くなれたことは、本当に日々嬉しさが身に染みてますね(笑)。

――では、自己紹介の代わりに、ご本人以外のお二人が「この人はこういう人ですよ」って紹介してもらえますか?宮澤:じゃあ、れいなから。結構、何考えてるか分かんないっす(笑)。

藤江:うそぉー。

倉持:普段すごく「うわぁー!」とか言ってるんだけど、本当にいざとなった時は、すっごく頼り甲斐がある、しっかりした人に生まれ変わる。シャキってなる(笑)。

――ギャップが激しいタイプ?宮澤:見た目はメッチャ大人っぽく見えるんですけど、さっきも話を聞いてて、「やっぱり子供らしさが残ってるんだな」って感じましたね。「しゃべりとかが幼いな、まだ中学生なんだな」って、ちょっと思っちゃったよね。

――宮澤さんについては、どうですか?藤江:私から見ると、やっぱり佐江ちゃんはすごくしっかりしてて、頼れるお姉ちゃん的存在なので(笑)。倉持:佐江ちゃんは年下なんですけど、なんか先輩って感じがします。頼れるお姉ちゃんみたいな、私が甘えられる人ですね。