今年の正月も帰国せず(撮影/JMPA)

写真拡大

 皇室の伝統に則った結婚をする場合、「使者」が必要となる。多くは親族から選ばれるその人物が、婚約内定者・小室圭さん(28才)の家には見つかっていないという。秋篠宮家の長女・眞子さま(28才)との結婚を前に立ちはだかる「使者」の問題。そのキーマンが初めて、重い口を開いた──。

【別写真】新年一般参賀でお疲れのようにも見えた眞子さま

 さまざまな障壁がある眞子さまと小室圭さんの結婚。その障壁の一つとなっているのが結納をする際に必要となる「使者」の存在だ。どうやら小室家側の「使者」がなかなか決まらないというのだ。

「使者」は、一般の結納にあたる「納采の儀」の際に、男性側の家族を代表して宮家を訪問し、納采の旨を伝えて結納品を進呈したり、結婚式の当日に新婦をお迎えに上がるなどの役割を果たす。

 過去には、2005年、天皇陛下の妹である黒田清子さん(紀宮さま)の結婚の際には、黒田慶樹さんの従兄弟である会社員男性がその役を務めた。

 2014年に高円宮家の次女である典子さんが千家国麿(せんげくにまろ)さんと結婚した時には、国麿さんの叔父である千家和比古(よしひこ)・出雲大社権宮司が使者になった。

 一昨年、高円宮家の三女である絢子さんが結婚する際には、夫になる守谷慧さんの親戚で、元国立国際医療研究センター病院長の男性がその役割を担った。

「ふさわしい人物が、皇室典範などで定められているわけではありません。ただ、そうした前例を見る限り、一族を代表するにふさわしい、一定の社会的立場を持つ人物が務めることが多いようです。

 皇室側にとっては、一族の代表である使者が出ることで、相手側の家柄や経済力を把握しつつ、それを国民にも公にすることにもなるのでしょう。黒田さんの場合は父方の黒田本家の長男、千家さんの場合も父方の叔父でした。もし小室さんが眞子さまと結納をするのであれば、皇室記者の間では、父親の弟にあたる叔父が“第一候補”ではないかといわれてきました」(皇室ジャーナリスト)

◆神奈川の地元で知られた大地主だった

 すでに報道されている通り、小室さんの父・敏勝さんは、2002年3月、小室さんが10才の時に、38才という若さで亡くなっている。

「敏勝さんは横浜市役所に勤務する、勤勉で寡黙な方で、都市整備事業を担当していました。当時、佳代さんの実家の生活も敏勝さんが支えていたようで、バイオリンなどの圭くんの教育費も加わり、経済的に厳しくなったそうです。敏勝さんは体調を崩し実家で療養するようになったのですが、ある日、自ら命を絶ったのです。東京西部に佳代さんの実家と一緒に暮らすための二世帯住宅建築を計画中だったので、親しい人はその自死が信じられなかったそうです。

 圭さんの祖父は、息子を失ったことに憔悴しきってしまった。食事が喉を通らなくなり、息子の死から1週間後、葬儀が一通り済んだところで祖父も自死したと聞いています」(小室家の知人)

 小室さんの祖父は、神奈川の地元でも知られた大地主の三男だった。小室本家からは分家に当たるものの、県内の住宅地に土地を所有していた。

 一家を襲った悲劇の連鎖の直後、佳代さんはこんな行動を取ったという。

「圭さんの祖母のもとへ『佳代さんの代理人』を名乗る男性から、連絡が入りました。“祖父が亡くなったのなら、本来は父親がその遺産を相続するはずだが、すでに父親も他界している。ならば、孫である圭に遺産を相続する権利があるから交渉したい”というものだったそうです。

 相続に関する話し合いは、祖母と敏勝さんの弟(圭さんの叔父)、そして佳代さんの代理人男性の3人によって進められ、圭さんが相当額の現金を相続することになったそうです。気丈で明るかった祖母も、夫と息子の死から約1年後、自ら命を絶ったと聞いています」(前出・小室家の知人)

 それから時が過ぎ、小室さんと眞子さまの婚約内定が発表されたのは2017年5月だ。

「小室さんは1度だけ、遠い親戚である小室本家関係者の集まりに姿を見せ、結婚の話をしていました。しかし、その後は一切音沙汰がありません。一昨年は、敏勝さんの十七回忌にあたりましたが、法要も行っていないようです」(小室家の親族の1人)

 秋篠宮さまは昨年11月の誕生日会見で、結婚行事の延期から今年2月で2年が経つことを踏まえ、《昨年(2018年)の2月に今の気持ちというのを発表しているわけですので、何らかのことは発表する必要があると私は思っております》とお考えを表明された。小室さんの結婚の意志が固いのであれば、次の発表では、より具体的に踏み込んだ内容が必要だろう。金銭トラブルの解決とともに、結納の「使者」の人選も欠かせない。

 小室さんの自宅マンションからそう遠くない神奈川県内に、その鍵を握る人物が住んでいる。敏勝さんの弟である。小室さんにとっては、使者の有力候補である叔父に当たる。

 本誌・女性セブンは昨年末のある日、小室さんの叔父を訪ねた。小室さんの結婚について話を聞こうとすると、こう困惑した様子で答えた。

「お話しすることはないんです。もうずっと前から(小室さんと佳代さんとは)交流がまったくありませんし、お会いすることもないんです」

 叔父は、前述の小室本家での親族の集まりにもおらず、小室さんの父が亡くなって以来、母子とはまったくの断絶関係にあるようで、「交流がない」を繰り返すのみだった。

 結婚を進めるのであれば、皇室の結婚儀式のプロセスは無視できるものではない。時代にそぐわないのかもしれないが、どうしてもその過程では「家と家の関係」がクローズアップされるのは避けられない。眞子さまにとって、小室家の断絶事情も、結婚の低くないハードルになるかもしれない。

※女性セブン2020年1月16・23日号